ここから本文です

大和証券G-後場上げ幅拡大 1000億円規模のREIT新設 日経報道

6月20日(木)13時52分配信 トレーダーズ・ウェブ

現在値
サムティ 1,695 +24
大和証G 473.7 +13
 大和証券グループ本社<8601>が後場上げ幅拡大。20日付の日本経済新聞朝刊は、同社が不動産ビジネスを拡大していると報じた。

 記事によれば、2020年度にもホテルを投資対象とする不動産投資信託(REIT)を新設し、1000億円の資金を集めるほか、海外の不動産に特化したファンドも立ち上げる。

 資本業務提携した関西地盤のデベロッパー、サムティ<3244>と共同で進める。サムティが関西を中心に宿泊特化型ホテル開発を進め、大和が資金を一部負担する。開発計画はすでに22年開業予定分まで確保済みとしている。

 株価は不動産セクターの好調を受け、同社、サムティともに後場に入って上げ幅を拡大している。
 
斎藤

最終更新:6月20日(木)13時52分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

トレーダーズ・ウェブ

トレーダーズ・ウェブ

DZHフィナンシャルリサーチ

人気の「レーティング情報」など豊富な銘柄情報を毎日配信。会員向け推奨銘柄の結果も公開中!

只今トレーダーズ・ウェブでは、特設ページで株式アナリストによる「信用取引3つのアイデア」の対談を掲載しています。 信用取引は「怖い」、「危ない」とイメージを抱いている投資家の方必見です。

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

話題の投信ブログ(外部サイト)

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン