ここから本文です

ホンダ---大幅反落、当面のカタリスト不足映して欧州系証券が格下げ

6月20日(木)13時40分配信 フィスコ

現在値
ホンダ 2,834.5 -12.5
ホンダ<7267>は大幅反落。UBS証券では投資判断を「バイ」から「ニュートラル」へ格下げ、目標株価も3500円から2800円に引き下げている。PBR0.6倍、配当利回り4.0-4.5%などのバリュエーションが一定のサポート要因となるとみているものの、四輪リストラは 21年以降であるほか、二輪台数を20年度までほぼ横ばいに修正したことで、今来期のカタリストが乏しいと捉えているようだ。高収益の二輪利益成長鈍化はPER低下につながるリスクも指摘。《HH》
株式会社フィスコ

最終更新:6月20日(木)13時42分

フィスコ

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン