ここから本文です

大同工業---パキスタンで二輪車用チェーン一貫生産を行う合弁会社設立の契約を締結

6月20日(木)11時09分配信 フィスコ

現在値
大同工 826 ---
大同工業<6373>は19日、パキスタンにおいて二輪車用チェーンの一貫生産を行う合弁会社設立の契約を18日付で締結したことを発表。

同社は、2017年11月にパキスタンでAtlas Autos (Private)Ltd.と技術援助契約を締結。同社ブランド(D.I.D)の二輪車用チェーンの組立生産を行ってきた。今回、パキスタンにおける二輪車メーカー各社及び補修品市場への一貫サービスを提供する体制を構築するため、Atlas Autos (Private) Ltd.と合弁会社Atlas DID (Private) Ltd.をカラチ市内の工業団地に設立する。

資本金は約9.4億円で、出資比率は同社グループ40%、Atlas Autos (Private) Ltd. が60%である。設立予定は7月末。量産時期としては2021年5月に一貫生産を開始する予定である。2024年には、売上高が約13億円、従業員数180名で、約500万本(約700万メートル)の生産能力まで引き上げる見通しとしている。

《SF》
株式会社フィスコ

最終更新:6月20日(木)11時09分

フィスコ

 

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン