ここから本文です

注目銘柄ダイジェスト:日本ハムが年初来高値、キーエンスは反落

6月20日(木)16時30分配信 フィスコ

現在値
明星工 760 +1
日ハム 4,400 -10
DCMHD 1,070 +4
日新薬 8,940 -80
UACJ 1,827 +53
<6861> キーエンス 64080 -690
反落。SMBC日興証券では投資判断を「1」から「2」に、目標株価も87000円から68000円に引き下げた。米中貿易摩擦により企業の設備投資意欲冷え込みの影響は同社も免れず、20年3月期はわずかに減益となる可能性が高まったと判断しているもよう。EPS成長率低下に対してバリュエーション調整は進んでいないと指摘。20年3月期営業益は、3400億円程度の市場コンセンサスに対し3095億円と予想。

<8095> イワキ 524 +20
急伸。前日に業績予想の上方修正を発表している。上半期営業利益は従来予想の8.6億円から12.5億円に増額修正、医薬FC事業における高薬価品の製造量増加、自社原料、電子・機能性材料や主力商品の販売伸長が寄与した。研究開発費や広告宣伝費などの下振れも収益の押し上げ要因に。不確定要素が多いとして19年11月期通期予想は据え置いているが、上半期同様に上振れが期待できるとの見方が優勢に。

<1976> 明星工業 715 +43
急伸。前日に発表した自己株式の取得実施が好感されている。発行済み株式数の1.91%に当たる100万株、8億円を上限としており、取得期間は6月20日から20年1月31日までとしている。株価が安値圏にある中、需給改善によるリバウンドへの期待が高まる格好に。同社の自社株買いは2016年2-7月に実施して以来となり、当時は上限150万株の買い付け実績。

<5741> UACJ 1831 +88
大幅続伸。連結子会社であるUACJ銅管の全株を、アスパラントグループや大和PIパートナーズ保有会社に譲渡すると発表している。譲渡実効日は9月30日で、譲渡金額は約240億円となる。同子会社は業績が安定しており、短期的には同社業績にマイナスの影響となるが、アルミ事業への経営資源集中戦略にかなうものであり、将来的な資本効率向上につながっていくとの見方が先行へ。

<2282> 日ハム 4745 +55
続伸で年初来高値更新。野村證券では投資判断を「ニュートラル」から「バイ」に格上げ、目標株価も4300円から6300円に引き上げている。アフリカ豚コレラの発生・拡大により、今後2-3年にわたりグローバルの畜肉需給は引き締まり、国産相場にも上昇圧力がかかりやすくなるとみている。つれて、21年3月期までは食肉事業が全社業績をけん引するとし、業績予想を上方修正へ。

<7267> ホンダ 2771.0 -53.0
大幅反落。UBS証券では投資判断を「バイ」から「ニュートラル」に、目標株価も3500円から2800円に引き下げた。PBR0.6倍、配当利回り4.0-4.5%などのバリュエーションが一定のサポート要因になるとみているが、四輪リストラは21年以降であるほか、二輪台数を20年度までほぼ横ばいに修正したため、今来期のカタリストが乏しいと分析する。高収益の二輪利益成長鈍化はPER低下につながるリスクも。

<3050> DCM 1054 -22
続落。第1四半期営業利益は前年同期比4%増の65億円強になったもようとの観測報道が伝わっている。DCMカーマなどで園芸・レジャー用品の販売が落ち込み、営業収益は減収となったが、粗利率の高いPB商品の販売が伸び、収益を下支えしたもよう。ただ、会社側の営業利益計画は、上半期、通期ともに9%台の増益予想となっており、立ち上がりの増益率はやや伸び悩んでいるとの見方になっているようだ。

<4516> 日新薬 7950 -470
大幅反落。クレディ・スイス証券では投資判断を「アウトパフォーム」から「ニュートラル」に格下げており、利食い売りにつながっているようだ。目標株価は8800円据え置きとなっている。直近の株価は最高値を更新し、当面の好材料は株価に織り込まれたと判断しているもよう。また、今期営業利益は271億円から261億円に、来期は337億円から302億円に下方修正しているようだ。

<6089> ウィルグループ 961 +81
急伸。前日にIFRS基準の19年3月期を発表。営業利益は29.8億円で前期比14.7%増、のれん償却の停止による増益効果で、5月13日に発表した日本基準の数値25.5億円を上回った。20年3月期業績予想はすでに公表済み。今回の決算には特にインパクトがないものの、決算発表後に株価が軟化して、安値圏での推移が続いていたことから、順調な業績推移を見直すきっかけにはつながっているとみられる。

<6770> アルプスアル 1797 -45
大幅安。米アップルが主要取引先に対し、中国での集中生産を回避するよう要請、アップル向けの中国生産のうち15-30%を海外に分散するよう検討を促したと報じられた。アップルの生産再編に伴うサプライヤーのコスト増が懸念される形に。同社に関しては、モルガン・スタンレーMUFG証券が投資判断を「イコールウェイト」から「アンダーウェイト」に、目標株価も2500円から1500円に引き下げた。
《US》
株式会社フィスコ

最終更新:6月20日(木)16時47分

フィスコ

 

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン