ここから本文です

日信工が続伸、三菱UFJモルガン証は「オーバーウエート」・目標株価2000円に引き上げ

6月20日(木)16時03分配信 モーニングスター

現在値
日信工 1,460 +32
 日信工業 <7230> が続伸。三菱UFJモルガン・スタンレー証券では19日付で、レーティングを「ニュートラル」(中立)から「オーバーウエート」(強気)に、目標株価を1800円から2000円に、それぞれ引き上げている。

 同証券では連結営業利益予想を上方修正、目標株価算出基準期の変更とあわせ、目標株価を2000円に引き上げるとしている。「構造改革により新興国市場動向に左右される収益構造からの脱却」が鮮明になってきたとコメント。足かせであった持分法投資損益も大幅改善の確度が高まったとみているという。20年3月期同証券予想PBRは約0.6倍と低位にあり、強気スタンスへ転換するとしている。

 レーティング引き上げの理由として、(1)収益体質の大幅改善(2)二輪車用ABSの義務化が先進国だけでなく新興国でも拡大(3)足かせとなっていた持分法適用会社の収益がボトムアウトの公算(4)頻発していた品質対応などの一時費用が正常化する可能性が高まってきたとみる――の4点を挙げている。

 同証券では連結営業利益について、20年3月期173億円(前期比6.1%増、従来172億円、会社側計画は167億円)、21年3月期195億円(従来185億円)、22年3月期210億円と試算している。

 20日終値は、前日比27円高の1429円。

提供:モーニングスター社

最終更新:6月20日(木)16時03分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

話題の投信ブログ(外部サイト)

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン