ここから本文です

三精テクノが急騰、新中期経営計画を材料視

6月20日(木)14時20分配信 モーニングスター

現在値
三精テクノ 1,179 +7
 三精テクノロジーズ <6357> が急騰。19日引け後に発表した、3カ年の新中期経営計画が材料視されている様子。株価は前日比217円高の1265円まで値を上げている。

 最終年度の22年3月期の業績目標は、売上高600億円(19年3月期実績は527億9400万円)、経常利益60億円(同43億1900万円)、純利益40億円(同27億4600万円)。基本方針は、ユニークなグローバル・ニッチ・トップ・カンパニーとしての一段の進化と成長を目指し、将来の1000億円企業を展望した持続的成長に取り組むこと。世界のトッププレーヤーとなった「遊戯機械事業」では、S&S社(米国)および昨年買収したVekoma社(オランダ)と同社の3社が日・米・欧・中に事業拠点を有する強みを生かし、豊富な製品ラインナップで世界各地の顧客の幅広いニーズにきめ細かく対応していく。

 「舞台設備事業」では、多様化する演出ニーズに対応できる舞台機構の機能向上に努めると共に、アリーナ、スタジアムや屋外施設などさまざまな空間で使用される高度な演出ツールの研究・開発を進める方針。大阪万博・IR関連施設開業に当たって想定される「世界の先端を行くエンターテインメント施設」に関するグローバル水準での様々な提案に取り組む一方、アジアの成長を見据え、新興国市場への布石を推し進めるとしている。

 午後2時18分現在の株価は115円高の1163円。

提供:モーニングスター社

最終更新:6月20日(木)14時20分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

話題の投信ブログ(外部サイト)

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン