ここから本文です

【ディーラー発】ドル売りやや優勢(NY午前)

6月20日(木)1時02分配信 セントラル短資FX

FOMCやパウエルFRB議長の定例記者会見を控える中、持ち高調整的なドル売りがやや優勢。ユーロドルが1.1220付近まで、ポンドドルが1.2638付近まで続伸した一方、ドル円は対欧州通貨のドル売りに押され108円33銭付近まで小幅に軟化。また、クロス円はドル円の下落とドルストレートの上昇に挟まれユーロ円が121円55銭前後で、豪ドル円が74円40銭前後で揉み合い基調となっている。1時01分現在、ドル円108.370-373、ユーロ円121.528-532、ユーロドル1.12142-145で推移している。

最終更新:6月20日(木)1時02分

セントラル短資FX

 

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン