ここから本文です

話題株ピックアップ【夕刊】(3):スクエニHD、セグエG、TDSE

6月20日(木)15時28分配信 株探ニュース

スクエニHD <日足> 「株探」多機能チャートより
拡大写真
スクエニHD <日足> 「株探」多機能チャートより
現在値
FUJIK 518 +6
パイプドH 1,218 -15
セグエG 1,319 +6
三精テクノ 1,179 +7
協立電機 2,252 +22
■三精テクノロジーズ <6357>  1,134円  +86 円 (+8.2%)  本日終値
 三精テクノロジーズ<6357>が大幅高に買われ、1000円トビ台の底値もみ合いを経て上放れの動き。同社は舞台装置や遊戯機械の大手で、国立劇場向けなどで高い実績を持つ。19日取引終了後、新たに中期経営計画を発表、22年3月期に経常利益60億円(19年3月期実績は42億8400万円)、ROE12%などを目標に掲げており、これを評価する買いを引き寄せた。

■セグエグループ <3968>  1,420円  +105 円 (+8.0%)  本日終値
 19日、東証がセグエグループ <3968> [東証2]を26日付で市場1部に指定すると発表したことが買い材料視された。発表を受け、TOPIX連動型ファンドの組み入れ需要を見越した先回り的な買いに加え、知名度の高まりや株式流動性の向上を期待する買いが向かった。

■ワイヤレスゲート <9419>  488円  +36 円 (+8.0%)  本日終値  東証1部 上昇率7位
 ワイヤレスゲート<9419>が急伸。同社とテラ(横浜市)は19日、チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ(イスラエル)が開発した個人向けモバイルセキュリティーアプリケーション「ZoneAlarm Japan edition」のAndroid版を20日にリリースすると発表。これが材料視されたようだ。「ZoneAlarm Japan edition」は、未知のマルウェアに対する世界最高レベルの検知性能を搭載したアプリ。iOS版は3月に先行リリースしている。

■パイプドHD <3919>  1,240円  +70 円 (+6.0%)  本日終値
 パイプドHD<3919>が後場に入り上げ幅拡大。グループのパイプドビッツはきょう賃貸管理会社向け「滞納通知システムソリューション」の提供を開始したと発表。これが買い手掛かりとなったようだ。このソリューションは、自社情報資産プラットフォーム「スパイラル」と、AI CROSS(東京都港区)が提供するSMS配信サービス「AOSSMS」を連携したもので、家賃滞納者の手元へ確実にメッセージを届け、督促業務の負担を減らしながら入金見込を管理できるシステムとなっている。

■TDSE <7046>  3,125円  +149 円 (+5.0%)  本日終値
 テクノスデータサイエンス・エンジニアリング<7046>が大幅続伸。19日の取引終了後、ディープラーニング技術を活用した人工知能(AI)画像映像解析エンジンを活用した社会インフラ向け劣化検知ソリューションを7月に提供開始すると発表しており、これを好材料視した買いが入った。同社が提供する社会インフラ領域向け劣化検知ソリューションは、橋梁や道路、コンクリート建造物などの画像・映像データを活用し、検査業務の効率化、精度向上を行うためのソリューション。先端のディープラーニング技術を活用した映像・画像を高度かつ迅速に解析できる同社独自のAI画像映像解析エンジン「scorobo for Infrastructure」を採用し、業務の効率化と最適化を目指したソリューションを実現したという。既に大手ゼネコンなど数社から引き合いがあり、同社ではこの3年間で5件、約3億円の売り上げを見込んでいるという。なお、20年3月期業績への影響は軽微としている。

■協立電機 <6874>  2,517円  +106 円 (+4.4%)  本日終値
 協立電機 <6874> [JQ]が大幅高。19日大引け後、19年6月期の期末一括配当を従来計画の55円→60円(前期は50円)に増額修正したことが買い材料視された。好調な業績や財務状況を踏まえ、株主への利益還元を増やす。権利付き最終日の25日を目前に控え、配当取りを狙う買いなどが向かった。

■イワキ <8095>  524円  +20 円 (+4.0%)  本日終値
 イワキ <8095> が高い。19日大引け後、19年11月期上期(18年12月-19年5月)の連結経常利益を従来予想の9億円→13.2億円に46.7%上方修正。従来の1.1%減益予想から一転して45.1%増益を見込み、3期連続で上期の最高益を更新する見通しとなったことが買い材料視された。医薬FC事業で高薬価品の製造量が増加したほか、自社医薬品原料や電子・機能性材料、主力商品の販売が伸びたことが寄与。研究開発費や広告宣伝費が想定を下回ったことに加え、一部の経費が下期に後ろずれしたことも上振れに貢献した。なお、通期の経常利益は従来予想の20億円(前期は20億円)を据え置いた。

■FUJIKOH <2405>  497円  +13 円 (+2.7%)  本日終値
 フジコー<2405>が続伸、一時500円台に乗せるなど年初来高値圏で売り物を吸収している。建設廃棄物の中間処理を主力に食品系廃棄物処理も手掛ける。新電力分野にも参入しバイオマス発電への展開に厚い。来週行われるG20大阪サミットで海洋プラスチックごみの削減が重要議題に掲げられるなど、世界的に環境意識が高まるなか、時流に乗る銘柄として徐々に存在感を高めている。足もとの業績も好調が続いている。月次売上高は直近5月度が前年同月比25.3%増と大幅な伸び。月次では昨年9月以降、前年同月実績を上回る水準を続けている。日足一目均衡表でも雲のはるか上空を行く展開で、PERやPBRなど株価指標面からも割高感は感じられない。

■スクエニHD <9684>  3,465円  +90 円 (+2.7%)  本日終値
 19日に発表した「『爆走!テレビ野郎ナナーナ』配信開始」が買い材料。
 スマートフォン向けカーアクションゲーム「爆走!テレビ野郎ナナーナ」を配信開始。

■クロスフォー <7810>  346円  +17 円 (+5.2%)  本日終値
 19日に発表した「株主優待制度を拡充」が買い材料。
 株主優待制度を拡充。現行は100株以上保有株主に一律4500円相当の自社製品(Dancing Stone)を贈呈しているが、新制度では、保有株数500株以上の株主には1万円相当のDancing Stoneを贈呈する。

●ストップ高銘柄
 タツミ <7268>  402円  +80 円 (+24.8%) ストップ高   本日終値
 アクアライン <6173>  2,030円  +400 円 (+24.5%) ストップ高   本日終値
 アルトナー <2163>  878円  +150 円 (+20.6%) ストップ高   本日終値
 環境管理センター <4657>  686円  +100 円 (+17.1%) ストップ高   本日終値
 ソフィア <6942>  1,143円  +150 円 (+15.1%) ストップ高   本日終値
 など、6銘柄

●ストップ安銘柄
 なし

株探ニュース(minkabu PRESS)

最終更新:6月20日(木)16時25分

株探ニュース

 

情報提供元(外部サイト)

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

話題の投信ブログ(外部サイト)

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン