ここから本文です

〔米株式〕NYダウ、3日続伸=年内利下げ示唆を好感(19日)☆差替

6月20日(木)5時59分配信 時事通信

 【ニューヨーク時事】19日のニューヨーク株式相場は、米連邦準備制度理事会(FRB)が年内の利下げの可能性を示唆したことを好感し、3日続伸した。優良株で構成するダウ工業株30種平均は前日終値比38.46ドル高の2万6504.00ドルで終了。ハイテク株中心のナスダック総合指数は33.44ポイント高の7987.32で引けた。
 ニューヨーク証券取引所の出来高は前日比2865万株増の8億4889万株。
 取引前半は、連邦公開市場委員会(FOMC)終了後のFRBによる政策決定発表を控えて様子見姿勢が広がり、株価はおおむね前日終値付近で小浮動した。午後に入り、FRBが政策金利の据え置きを発表し、声明などから年内利下げの可能性が示されると、ダウは一時100ドル超上昇。その後のパウエルFRB議長の会見を経て、小幅高のままで引けた。
 声明では、政策金利を「忍耐強く」判断するとの文言が削除され、利下げも視野に入れた方向に転換。経済の先行き不透明感が強まっていることやインフレ圧力の弱さを考慮し、「景気拡大を維持するために適切に行動する」と表明した。会合参加者17人が示した金利見通しでは、8人が年内の利下げを予想した。
 市場関係者は「今会合では見送られたものの、利下げを支持する参加者もいたほか、次回以降の利下げに期待を持たせる内容だった」(日系証券)と指摘した。ただ、市場がFRBのハト派化をある程度織り込んでいたことに加え、参加者による見通しの中央値では年内の金利据え置きが示されたことから、株価は小幅な伸びにとどまった。
 個別銘柄(暫定値)では、ユナイテッドヘルス・グループが1.9%高、ネットフリックスが1.8%高、ウォルト・ディズニーが1.2%高、ファイザーが1.1%高、アメリカン・エキスプレス(アメックス)が1.0%高。一方、化学大手ダウが2.2%安、ボーイングが1.4%安、バンク・オブ・アメリカが1.1%安、フェイスブックが0.5%安。(了)

最終更新:6月20日(木)8時28分

時事通信

 

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン