ここから本文です

テクマト Research Memo(10):配当性向は20%以上を基本方針とし、株主優待制度も実施

6月19日(水)15時40分配信 フィスコ

拡大写真
現在値
テクマトリ 2,189 +10
■株主還元策

テクマトリックス<3762>は株主還元策として配当金と株主優待制度を導入している。配当方針としては配当性向20%以上を基本方針としており、2020年3月期の1株当たり配当金は前期比2.0円増配の27.0円(配当性向32.2%)と5期連増増配を予定している。

また、株主優待に関しては毎年9月30日時点で500株以上保有の株主を対象に実施しており、2019年実施より内容が拡充された。保有株式数に応じて1,500円相当(500株~1,000株未満保有の場合)もしくは4,000円相当(1,000株以上保有の場合)の商品(例:1,500円相当の場合「横浜本牧亭ビーフカレー」、4,000円相当の場合「松坂牛すき焼き用」など)を贈呈、または「(公財)日本ユニセフ協会」や「(一財)あしなが育英会」への寄付を選択できる内容となっている。


■情報セキュリティ対策

ネットワーク&セキュリティのシステム構築を主力事業とする同社では、社内の情報セキュリティ対策についてもこれら取扱商品を先行して導入し、その対策に努めている。また、「働き方改革」の一環として2017年10月より在宅勤務制度を導入したが、情報漏えいリスクのない堅牢なセキュリティ対策を在宅環境においても実現することを前提にしている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)

《MH》
株式会社フィスコ

最終更新:6月19日(水)15時58分

フィスコ

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

話題の投信ブログ(外部サイト)

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン