ここから本文です

三城HD Research Memo(2):メガネ小売りの大手チェーン。業績は低迷も、新業態店舗や販促策で巻き返し図る

6月19日(水)15時02分配信 フィスコ

拡大写真
現在値
三越伊勢丹 865 +5
三城HLD 300 -7
■会社概要

1. 会社概要
三城ホールディングス<7455>の源流は、創業者・多根良尾(たねよしお)氏が1930年に兵庫県姫路市に開業した正確堂時計店である。1950年代初頭に姫路市に時計、貴金属、メガネを販売する株式会社三城時計店を設立、1960年には社名を株式会社メガネの三城に改めた。その後は主に兵庫県を中心に店舗数を増やしていたが、1973年に多根氏がパリの三越<3099>の近くにミキブランドの店をオープンし、そこから同社の成長が始まった。パリ出店の後、1974年に東京首都圏への出店の拠点として株式会社パリーミキ(後に関西のメガネの三城と合併、社名を株式会社三城に変更)を設立し、全国での拡大を進めた。2019年3月末現在、国内741店舗、海外138店舗を有しており、国内最大級のメガネ小売チェーンである。

株式は1995年に日本証券業協会に店頭登録し、1996年には東証第2部に上場した。その後1998年には東証第1部へ指定替えした。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 寺島 昇)

《MH》
株式会社フィスコ

最終更新:6月19日(水)15時17分

フィスコ

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン