ここから本文です

三桜工---ストップ高、年内にも全固体電池の試作品検証に入ると伝わる

6月19日(水)10時31分配信 フィスコ

現在値
三桜工 525 +56
トヨタ 7,121 +146
三桜工<6584>はストップ高。米スタートアップと次世代電池「全固体電池」を共同開発、年内にも試作品の検証に入っていくと報じられている。全固体電池はリチウムイオン電池の2倍以上の容量があり、充電時間も大幅に短縮が可能となる。トヨタ自<7203>が実用化に向けた取り組みを積極化しているなど、EV向け電池の将来的な本命とも期待されている。もともと関連銘柄としては位置づけられていたが、実用化に向けた前進と捉えられ、今後の展開への期待が増す展開に。《US》
株式会社フィスコ

最終更新:6月19日(水)10時34分

フィスコ

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

話題の投信ブログ(外部サイト)

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン