ここから本文です

NYマーケットダイジェスト・18日 株高・金利低下・ユーロ安・ポンド高

6月19日(水)6時25分配信 トレーダーズ・ウェブ

(18日終値)
ドル・円相場:1ドル=108.45円(前営業日比▲0.09円)
ユーロ・円相場:1ユーロ=121.40円(▲0.37円)
ユーロ・ドル相場:1ユーロ=1.1194ドル(▲0.0024ドル)
ダウ工業株30種平均:26465.54ドル(△353.01ドル)
ナスダック総合株価指数:7953.88(△108.86)
10年物米国債利回り:2.06%(▲0.03%)

(各市場の動き)
・ドル円は下落。新潟県村上市で震度6強を観測する地震が発生し、新潟・山形・石川各県の沿岸に津波注意報が出されるとリスク回避目的の円買い・ドル売りが先行。22時30分過ぎに一時108.06円と日通し安値を付けた。
 ただ、トランプ米大統領がツイッターで「習近平・中国国家主席と良い電話会談を行った。来週日本で開催されるG20大阪サミットで協議を継続する」との見解を示すと、米中協議の進展期待からダウ平均が410ドル超上昇。ドル円にも買い戻しが入り、一時108.68円と日通し高値を付けた。
 とはいえ、前日の高値108.72円を上抜けることは出来なかった。大手ベンダーが関係者の話として「ホワイトハウスは2月にパウエルFRB議長降格について法的に可能か検証していた」と報じると、108.23円付近まで急失速した。もっとも、クドローNEC委員長が「トランプ米大統領はパウエルFRB議長の地位変更を検討していない」と明らかにしたため、下押しも限定的だった。なお、同委員長は過去に検討したかとの質問にはコメントしなかった。

・ユーロドルは反落。ドラギECB総裁がECB年次フォーラム冒頭演説で、「(経済・物価情勢が改善しなければ)追加の刺激策が必要になる」などと述べたと伝わると、独10年債利回りが一時▲0.328%前後と過去最低を更新。6月独ZEW景況感指数が▲21.1と予想の▲5.8を大幅に下回ったことも相場の重しとなり、欧州市場序盤に一時1.1181ドルと3日以来の安値を付けた。プラートECB専務理事が「欧州圏の賃金やインフレは回復している」と発言したと伝わると、一時1.1213ドル付近まで下げ渋る場面もあったが戻りは鈍かった。NY市場では1.1200ドルを挟んだ狭いレンジ取引に終始した。

・ユーロ円も反落。低調な独経済指標やドラギECB総裁のハト派発言を手掛かりに円買い・ユーロ売りが入り一時121.07円と日通し安値を付けたものの、ドル円が持ち直すとユーロ円にも買い戻しが入り121.68円付近まで下げ幅を縮める場面があった。

・ポンドドルは持ち直した。21時30分前に一時1.2506ドルと1月3日以来約5カ月半ぶりの安値を付けたものの、売り一巡後はポジション調整目的の買い戻しが優勢となり1.2565ドルと日通し高値を付けた。なお、英与党・保守党党首選の第2回の投票では、EUから強硬離脱も辞さないとするボリス・ジョンソン前外相が126票と最多の票を集め、ハント外相ら2位以下に大差を付けた。ジョンソン氏はその後の討論会で「10月31日に離脱しなければ、政治に対する信頼が壊滅的な打撃を受ける」とし、「これに向け準備する唯一の方法は『合意なき離脱』に備えることだ」などと述べた。
 明日19日には、候補者が5人に絞り込まれた党首選の第3回目の投票が実施される。

・米国株式市場でダウ工業株30種平均は大幅に続伸し5月3日以来の高値を更新した。トランプ米大統領が28-29日のG20大阪サミットで習近平・中国国家主席と首脳会談を開く見通しを表明。米中貿易摩擦への懸念が和らぎ、アップル(2.35%高)や3M(3.07%高)、キャタピラー(2.36%高)など中国売上高比率が高い銘柄を中心に買いが広がった。ダウ平均の上げ幅は一時410ドルを超えた。
 ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数も大幅続伸し、5月7日以来の高値を更新。

・米国債券相場で長期ゾーンは反発。ドラギECB総裁が追加緩和の可能性に言及したことを受けて欧州債が上昇。米国債にも買いが波及した。ただ、米国株が堅調に推移すると相場は伸び悩んだ。

・原油先物相場は大幅に反発。需要減少の要因とされる米中通商問題が解決へ向かうとの期待が買い材料となった。一時54.31ドルと10日以来の高値をつけた。中東の地政学リスクも支援となっている。

・金先物先物は反発。ファーウェイのスマホ出荷減少見通しなど、米中問題の深刻化を意識させるニュースが伝わり、リスク回避資産の金を買う動きが先行。一時1358.50ドルまで上昇した。ただ、米中首脳の通商交渉に前向きなコメントが流れると、金相場は上昇幅を縮小。同報道でドルが買い戻されたことも、ドル建て金相場の割高感につながり、上値を重くした。
中村

最終更新:6月19日(水)6時25分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

トレーダーズ・ウェブ

トレーダーズ・ウェブ

DZHフィナンシャルリサーチ

人気の「レーティング情報」など豊富な銘柄情報を毎日配信。会員向け推奨銘柄の結果も公開中!

只今トレーダーズ・ウェブでは、特設ページで株式アナリストによる「信用取引3つのアイデア」の対談を掲載しています。 信用取引は「怖い」、「危ない」とイメージを抱いている投資家の方必見です。

【あわせて読みたい】

話題の投信ブログ(外部サイト)

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン