ここから本文です

東京株式(前引け)=反落、手掛かり材料難で閑散相場続く

6月18日(火)11時56分配信 みんかぶFX

現在値
クックパド 289 +3
エニグモ 1,195 +12
花王 7,736 +6
リソー教育 490 -1
資生堂 8,581 +38
 18日前引けの日経平均株価は前営業日比56円05銭安の2万1067円95銭と反落。前場の東証1部の売買高概算は4億6019万株、売買代金概算は7893億5000万円。値上がり銘柄数は716、対して値下がり銘柄数は1320、変わらずは107銘柄だった。

 きょう前場の東京市場は前日比弱含みもみ合いで推移した後、後半にやや下げ幅を広げる展開。ただ、閑散相場のなか売り圧力も限定的で2万1000円台を割り込むことはなかった。買い手掛かり材料が不足するなか、上値の重い状況が続いている。全体の6割の銘柄が値を下げた。前引け時点の売買代金は8000億円を下回るなど低調が続いている。

 個別ではソフトバンクグループ <9984> が軟調、東京エレクトロン <8035> も売りに押された。花王 <4452> も安い。エニグモ <3665> が大幅安、クックパッド <2193> 、東海カーボン <5301> も売られた。リソー教育 <4714> も下落した。半面、売買代金トップの任天堂 <7974> が堅調、トヨタ自動車 <7203> も買い優勢。資生堂 <4911> 、リクルートホールディングス <6098> も上昇した。クボテック <7709> がストップ高、朝日ネット <3834> も値を飛ばした。富士通ゼネラル <6755> 、参天製薬 <4536> も高い。

出所:minkabuPRESS 株式情報

最終更新:6月18日(火)11時56分

みんかぶFX

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン