ここから本文です

<米国株情報>米ターゲット、トラブル相次ぐ―クレジットカードやPOS端末が一時使用不能に

6月18日(火)10時29分配信 モーニングスター

現在値
野村 NASDAQ-100ETF 8,720 +150
野村 NYダウ30種ETF 29,450 +250
P500米株 3,500 +35
P500 ETF 32,300 +300
SAM NYダウETF 26,330 ---
 米小売大手ターゲット<TGT>の全米各地の店舗で16日、約90分間にわたってクレジットカードやデビットカードによる支払いができなくなるトラブルが発生。急きょ、現金決済に変更して対応した。米経済専門チャンネルCNBC(電子版)などが伝えた。

 ターゲットの顧客がツイッター上で相次いでカード決済ができなくなったという苦情を訴えたことから分かった。会社側によると、米情報処理機器大手NCR<NCR>のデータセンターで起きた問題が原因で、「個人情報の漏えいにつながるコンピューターセキュリティー上の問題ではない」とした。同日午後には正常に戻ったという。

 ターゲットは過去にセキュリティー上の問題を起こしている。6年前の13年11月に起きたハッキング被害では、4000万件超のクレジットカードやデビットカードの顧客情報が漏えいし、当時、全米47州とコロンビア特別区(ワシントンDC)に対し計1850万ドルの和解金を支払うことで合意した。

 なお、15日には一部店舗で約2時間、キャッシュレジスターの役割をするPOS(販売時点情報管理)端末が一斉に停止するトラブルが発生していたが、今回のカード決済トラブルとの関連性はないとした。

<関連銘柄>
 NASD投信 <1545> 、NYダウ投信 <1546> 、上場米国 <1547> 、
 SPD500 <1557> 、NYダウ <1679> 、NYダウブル <2040> 、
 NYダウベア <2041>

提供:モーニングスター社

最終更新:6月18日(火)10時29分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

話題の投信ブログ(外部サイト)

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン