ここから本文です

18日の東京株式市場見通し=方向感に乏しい展開か

6月18日(火)7時47分配信 モーニングスター

現在値
リブワーク 1,144 +7
パナソニク 921.6 -8.3
シャープ 1,356 -23
三井住友F 3,824 -16
 予想レンジ:2万900円-2万1200円(17日終値2万1124円00銭)

 18日の東京株式は、方向感に乏しい展開か。現地17日の米国株式は反発したものの、FOMC(米連邦公開市場委員会)後の米国株式の反応を確認したいとして、手控え商状が続きそうだ。きのう17日の東証1部の売買代金が1兆6000億円台に留まり、活況の目安とされる2兆円を割り込むなか、引き続き値動きの軽い中小型株への物色が中心になるとみられる。為替相場は、ドル・円が1ドル=108円台の半ば(17日終値は108円56-57銭)、ユーロ・円が1ユーロ=121円台の後半(同121円73-77銭)と小動き。17日のADR(米国預託証券)は円換算値で、パナソニック <6752> 、シャープ <6753> 、三井住友 <8316> などが、17日の東京終値に比べ安い。シカゴ日経平均先物の円建て清算値は、17日の大阪取引所終値比変わらずの2万1070円だった。(高橋克己)

18日の主な経済指標・スケジュール
【国内】
・6月月例経済報告
・5年国債入札
・IPO(新規上場)=Lib Work <1431> (マザーズ)

【海外】(時間は日本時間)
・18:00 独6月ZEW景況感指数
・21:30 米5月住宅着工件数、米5月建設許可件数
・FOMC(米連邦公開市場委員会、19日まで)
・決算発表=アドビ

◎関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、株式の売買は自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。

提供:モーニングスター社

最終更新:6月18日(火)7時47分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン