ここから本文です

丸一管が3日続伸、東製鉄値下げでメリットも

6月18日(火)14時30分配信 モーニングスター

現在値
日本製鉄 1,772.5 -10
JFEHD 1,521 +3.5
東製鉄 839 +3
丸一管 2,937 +14
 丸一鋼管 <5463> が3日続伸し一時前日比2.9%高の2937円を付けている。東京製鉄 <5423> による鋼材値下げを受け、収益改善期待が高まったもようだ。

 電炉の東製鉄は17日に7月分の鋼材価格を全品目で引き下げた。熱延コイルについては1トン5000円の大幅値下げが示された。

 丸一管は熱延コイルを主材料に鋼管を製造する。東製鉄の値下げで熱延コイルの市況が軟化すれば、短期的にスプレッド(販売価格と材料価格の差)が改善する方向だ。

 一方、この日は大幅な値下げが悪材料視された東製鉄や、鋼材の市況軟化が懸念される日本製鉄 <5401> やジェイエフイーホールディングス <5411> に売りが先行している。

提供:モーニングスター社

最終更新:6月18日(火)14時30分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

話題の投信ブログ(外部サイト)

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン