ここから本文です

ユーグレナが上げ幅拡大、理化学研究所とミドリムシの産業利用種を対象とした高効率なゲノム編集方法を確立

6月18日(火)7時34分配信 モーニングスター

現在値
ユーグレナ 1,121 +67
 ユーグレナ <2931> が上げ幅を拡大。17日午後2時、理化学研究所(埼玉県和光市)と共同で、ミドリムシの産業利用種を対象とした、高効率のゲノム編集方法の確立に初めて成功したと発表、材料視された。

 今回、研究チームは、ミドリムシ細胞にCas9 RNP複合体を直接導入する手法を用いて、最適な条件を見いだすことにより、約80%という非常に高い編集効率で標的遺伝子への欠損・挿入変異導入に成功した。さらに、2種類のCas9 RNP複合体を用いたDNAの特定領域への長い欠損変異の導入や、一本鎖のドナーDNA分子を用いた正確な外来DNA分子の導入も可能であることを明らかにしたという。

 17日終値は、前週末比64円高の964円。

提供:モーニングスター社

最終更新:6月18日(火)7時34分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

話題の投信ブログ(外部サイト)

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン