ここから本文です

TATERUが急落、国交省が業務停止命令を出す方針と報じられる

6月18日(火)10時28分配信 モーニングスター

現在値
タテル 196 -5
 TATERU <1435> が急落し、一時50円安の181円を付け、5月14日の年初来安値180円に急接近した。18日付の日本経済新聞は、同社がアパートの建設資金借り入れ希望者の預金データを改ざんしていた問題で、国土交通省は同社に業務停止命令を出す方針を固めたと報じ、嫌気された。

 同紙によると、同社は資金の借り入れ希望者の預金残高を、実際より多く見せ、金融機関の審査を通りやすくしていた。国交省は、会社ぐるみで改ざんし、不正が全国に広がっていることを問題視し、行政処分に踏み切るという。

 午前10時27分時点の株価は、前日比44円安の187円。

提供:モーニングスター社

最終更新:6月18日(火)10時28分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン