ここから本文です

【ディーラー発】ユーロ売り一服(欧州午後)

6月18日(火)20時58分配信 セントラル短資FX

欧州株の堅調地合いに伴い、序盤に強まったユーロ売りの流れは一服。対ドルで1.1210付近まで下値を切り上げ、対円で一時121円40銭付近まで反発。ただ同水準では戻り売り圧力も強く、現在は対ドル対円共に再び失速する状況。そうした中、対ユーロでの新興国通貨買いが波及すると、ランド円が7円39銭付近まで買われ、トルコリラ円が本日高値の18円57銭手前で底堅く推移。一方、ドル円は米債利回りの低下幅拡大が重石となり108円25銭前後で上値重い展開となっている。20時58分現在、ドル円108.231-234、ユーロ円121.142-146、ユーロドル1.11929-932で推移している。

最終更新:6月18日(火)20時58分

セントラル短資FX

 

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン