ここから本文です

【ディーラー発】ポンド売り継続(NY午後)

6月18日(火)4時45分配信 セントラル短資FX

午後もEU離脱を巡る先行き不透明感を材料視したポンド売りが継続。対ドルで1.2533付近まで、対円で136円12銭付近まで続落し、それぞれ約5ヶ月半振りの安値水準となったほか、ユーロも対ドルで1.1214付近まで、対円で121円76銭付近まで下落するなど欧州通貨が弱含み。一方、ドル円は108円54銭付近では押し目の買い、108円65銭付近では戻り売りに挟まれ、狭いレンジで売買が交錯している。4時44分現在、ドル円108.575-578、ユーロ円121.807-811、ユーロドル1.12186-189で推移している。

最終更新:6月18日(火)4時45分

セントラル短資FX

 

【あわせて読みたい】

話題の投信ブログ(外部サイト)

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン