ここから本文です

FCI 100における上昇率・下落率トップ5通貨【朝刊】【フィスコ・ビットコインニュース】

6月17日(月)8時10分配信 フィスコ

■本コンテンツは、フィスコ仮想通貨指数(FCI 100)に含まれる通貨における、上昇率及び下落率トップ5を定期的に配信するコンテンツです。投資家の関心が向かっている仮想通貨(アルトコイン)を簡単に把握することが可能になります。なお、配信のタイミングは朝刊・昼刊・夕刊の1日3回、それぞれ8時、12時、16時となっています。


☆上昇率トップ5通貨

1.KCS(クーコイン) (前日比 10.23%)
2.ODE (前日比 7.07%)
3.BCN (前日比 5.8%)
4.ZIL (前日比 4.88%)
5.KMD(コモド) (前日比 4.03%)


★下落率トップ5通貨

1.SAN (前日比 -5.16%)
2.EGT (前日比 -4.84%)
3.MAID(メイドセーフコイン) (前日比 -3.73%)
4.PAI (前日比 -3.55%)
5.XZC(ゼットコイン) (前日比 -3.09%)

※上昇・下落ともに、該当する仮想通貨が5通貨に至らない場合もあります。その場合は該当する通貨のみを表示します。

フィスコ仮想通貨指数(FCI 100)とは...

フィスコ仮想通貨指数(FCI 100:FISCO Crypto Currency Index 100)とは、仮想通貨の時価総額上位100通貨(coin market cap参照)を対象として、フィスコがオンタイムに算出する仮想通貨の総合指数である。これにより、仮想通貨マーケット全体の強弱感を計ることが可能となる。運用方法としては、2017年9月1日を基準日(100)に定め、前日の上位100通貨、ならびに通貨発行枚数を日々更新、さらに新基準時価総額を日々計算することで継続性を保っている。

≪FA≫
株式会社フィスコ

最終更新:6月17日(月)8時10分

フィスコ

 

話題の投信ブログ(外部サイト)

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン