ここから本文です

Kudan Research Memo(2):機械を自律化するAP技術の研究開発企業

6月17日(月)7時42分配信 フィスコ

拡大写真
現在値
Kudan 9,590 -80
■会社概要

1. 会社概要
Kudan<4425>は「Eyes to the all machines」をビジョンとして掲げ、機械(コンピュータやロボット)の「眼」に相当するAP(Artificial Perception:人工知覚)技術の研究開発とIPライセンス及び付随するサービスの提供を行っている。近年、機械の「脳」であるAI(Artificial Intelligence:人工知能)が発展してきたが、高度な空間認識や位置認識などを可能する機械の「眼」であるAP技術と対となって組み合わさることにより、人間のコントロールから離れて自律的に行動する「機能する機械」へと進化することができると考えられている。AP技術は応用分野が広範であり、あらゆる産業を下支えする基盤技術であるため、いわゆるDeepTech(深層技術)に相当する。AP技術の中でも同社技術が画期的なのは、それまで学術的な研究の範囲に留まっていた技術を、実用的な環境下でも十分に機能し、製品に応用可能な商用レベルまでに高めたところにある。このため、世界の先端テクノロジー企業の間で同社のAP技術は注目度が非常に高く、同社のAP技術をIPライセンス化した「KudanSLAM」を取り入れる企業が急増している。設立わずか5年だが、今後中長期的に成長期待の高い企業と言うことができる。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 宮田仁光)

《SF》
株式会社フィスコ

最終更新:6月17日(月)10時53分

フィスコ

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン