ここから本文です

東京為替:ドル・円はもみ合い、上海総合指数は下げに転じる

6月17日(月)13時19分配信 フィスコ

17日午後の東京市場でドル・円は108円60銭を下回る水準でのもみ合い。日経平均株価は前週末終値を上回っているが、上海総合指数は下げに転じ円売りは弱まりつつある。一方で、香港株や欧米株式先物はプラス圏を維持しており、目先の株安への警戒感は強まっていないようだ。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は108円47銭から108円70銭、ユーロ・円は121円53銭から121円96銭、ユーロ・ドルは1.1210ドルから1.1224ドルで推移した。


《MK》
株式会社フィスコ

最終更新:6月17日(月)13時30分

フィスコ

 

【あわせて読みたい】

話題の投信ブログ(外部サイト)

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン