ここから本文です

後場の日経平均は5円高でスタート、ソフトバンクGや楽天などが上昇

6月17日(月)12時53分配信 フィスコ

現在値
楽天 1,064 ---
ソニー 6,460 ---
アドテスト 5,300 ---
ファミマ 2,826 ---
東エレク 21,775 ---
日経平均 : 21122.15 : (+5.26)
TOPIX : 1541.91 : (-4.80)


 後場の日経平均は前週末比5.26円高の21122.15円と前引け値(21136.49円)から上げ幅を縮めて取引を開始した。ランチバスケットは差し引き売り買い均衡との観測。ランチタイムの日経225先物は、21080円を中心とした動き。ファーストリテ<9983>、ソフトバンクG<9984>、ユニファミマ<8028>がけん引する格好で日経平均自体はプラス圏を維持しているものの、物色は材料株のみに集中している状況が続いており、後場も積極的な動きは見られず、方向感が掴みにくい展開となっている。 売買代金上位では、ソニー<6758>、ソフトバンクG、楽天<4755>などが上昇。一方、前場に続き東エレク<8035>、アドバンテ<6857>など半導体関連が売りに押されている。業種別では、水産農林、海運、石油石炭が上昇率上位にランクイン。《HH》
株式会社フィスコ

最終更新:6月17日(月)12時55分

フィスコ

 

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン