ここから本文です

強まる米利下げ期待、FOMCは失望に注意!クロス円が下落!? 豪ドル/円は戻り売りで

6月17日(月)19時51分配信 ザイFX!

■強まる米利下げ期待、失望に注意!

ブラックアウト期間に入る直前、「景気拡大を維持するために適切に行動する」と発言したパウエルFRB議長。7月利下げという既定路線を踏襲するようなFOMCになるのだろうか… (C)Bloomberg/Getty Images News
拡大写真
ブラックアウト期間に入る直前、「景気拡大を維持するために適切に行動する」と発言したパウエルFRB議長。7月利下げという既定路線を踏襲するようなFOMCになるのだろうか… (C)Bloomberg/Getty Images News
大橋ひろこ:
今週6月18日(火)、6月19日(水)はFOMC(米連邦公開市場委員会)ですね。

6月19日(水)発表の政策金利は据え置き予想ですが、7月利下げに向けた地ならしがあるのかどうか。注目度は非常に高いですね。

西原宏一:
ブラックアウト(※)期間に入る直前、パウエルFRB(米連邦準備制度理事会)議長は「景気拡大を維持するために適切に行動する」と発言。

ブレイナードFRB理事も「経済拡大を持続するために政策を調整する用意がある」と話しています。

今回はともかく、7月利下げは既定路線ですから、この路線を踏襲するようなFOMCになるのでしょう。

(※編集部注:「ブラックアウト」とは、FOMC直前の一定期間において、当局関係者がコメントを差し控える期間のことをいう)

大橋ひろこ:
市場はハト派路線を織り込んでいるようですね。

西原宏一:
気になるのは、市場の利下げ期待が強過ぎること。

昨年末時点では「2019年は3回の利上げ」。それが今や「年内3回の利下げ」を予想する人が増えています。

さらに先物市場を見ると、来年(2020年)4月の米長期金利は1.54%。そこまで下げるには、あと4回の利下げが必要です。

米中貿易戦争などの材料はあるものの、そこまで実体が激変したわけではありません。

これだけ利下げが織り込まれていると、今回のFOMCは失望気味になる可能性があります。

大橋ひろこ:
期待ほどハト派ではなかった場合、米ドルが買われる可能性はありませんか? 

西原宏一:
その場合、米ドル安は一服するかもしれませんが、米金利の上昇から株安が進み、クロス円(米ドル以外の通貨と円との通貨ペア)が下落するイメージですね。

■ホルムズ海峡で日本タンカーが攻撃された

WTI原油先物 日足 (出所:Bloomberg)
拡大写真
WTI原油先物 日足 (出所:Bloomberg)
米ドルVS世界の通貨 4時間足
拡大写真
米ドルVS世界の通貨 4時間足
大橋ひろこ:
先週(6月10日~)、ホルムズ海峡付近で日本などのタンカー2隻が攻撃を受けました。ホルムズ海峡は原油輸送の要衝。ヒヤリとするニュースでした。

原油市場は上昇しましたが、勢いが続いていません。現在の50ドル台前半は今年(2019年)前半レンジの下限。ここで支えられずに下落するようだと、株式市場にはネガティブですね。

一方、為替市場では「有事の米ドル買い」の影響もあったのか、米ドル高の反応も見られました。米ドルも弱いけど、他通貨はもっと弱い。

西原宏一:
香港のデモも大規模化していますし、短期的に米ドル高・円高ということならクロス円が下がりやすくなりますね。

■ゴールド、5年越しのレジスタンス突破なるか

NY金先物 週足 (出所:Bloomberg)
拡大写真
NY金先物 週足 (出所:Bloomberg)
大橋ひろこ:
ゴールドも重要な節目に差し掛かっていますね。1350ドルから1400ドルは2014年から何度も跳ね返されてきた強いレジスタンス。

チャートは「カップ・ウィズ・ハンドル(※)」のパターンにも見えます。

(編集部注:「カップ・ウィズ・ハンドル」とは取っ手のついたコーヒーカップのような形のチャートパターンのこと。下落トレンドから上昇トレンドに大きく転換するパターンと言われている)

西原宏一:
先週金曜日(6月14日)には1350ドルを抜けたのですが、上ヒゲとなって反落。イヤな感じがしましたね。

それもあってユーロ/米ドルのロングを閉じています。

大橋ひろこ:
相関性から考えると、ゴールドがこのまま反落するなら米ドル安も一服、ということになりますね。

西原宏一:
まだ1350ドルから大きく離れたわけではありません。

大富豪のトレーダーであるポール・チューダー・ジョーンズ氏が「1400ドルを抜ければ1700ドル」と予想しているように、上抜けを期待する人が増えているため、少し調整してから抜けていくのかもしれませんね。

■フェイスブックの仮想通貨、正式発表は明日

ビットコイン/円 週足
拡大写真
ビットコイン/円 週足
豪ドル/円 日足 (出所:TradingView)
拡大写真
豪ドル/円 日足 (出所:TradingView)
大橋ひろこ:
為替以外でもうひとつ注目されたのが、ビットコイン。ビットコイン/円は、昨年(2018年)5月以来の100万円超えです。

西原宏一:
香港のデモや米中貿易戦争の影響もあり、中華圏を中心に逃避通貨としての買いが出ているようです。

それに加えて、フェイスブックが独自の仮想通貨「Libra(リブラ)」を立ち上げることも好感されています。

大橋ひろこ:
リブラにはVISA、マスターカード、ペイパル、ウーバー、ストライプなどが参加するとの報道が出ていますね。

正式なホワイトペーパーは6月18日(火)に発表される予定です。

西原宏一:
ビットコイン同様、避難通貨として買われやすいのが円。

ただ、今週(6月17日~)はFOMCに対する過渡のハト派期待もあり、米ドル/円は動きにくい可能性があります。

クロス円、特に利下げ期待が強まっている豪ドル/円の戻り売りがいいかもしれません。

(構成/ミドルマン・高城泰)
FX&コモディティ(商品) 今週の作戦会議

最終更新:6月17日(月)19時51分

ザイFX!

 

情報提供元(外部サイト)

ザイFX!

世界経済と米ドル/円相場の見通しは? スプレッド最狭のFX会社はどこ? …FX情報サイト「ザイFX!」がFXと為替の疑問をズバリ解決! ビットコイン・仮想通貨情報も!

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン