ここから本文です

日経平均は54円高、構成銘柄では東京ドーム、電通、ユニファミマなどが値上がり率上位

6月17日(月)11時05分配信 モーニングスター

現在値
DeNA 2,205 -24
電通 3,670 -85
アドテスト 3,045 -10
ユニファミ 2,540 -8
東エレク 16,555 -60
 17日午前11時時点の日経平均株価は前週末比54円60銭高の2万1717円49銭。朝方は、売りが先行した。中国の景気減速懸念を背景に前週末の米国株式が下落した流れを受け、一時2万1044円62銭(前週末比72円27銭安)まで軟化した。一巡後は円弱含みを支えに株価指数先物買いを交えて上げ転じ、堅調に推移している。一時マイナス圏入りの上海総合指数が切り返し、香港ハンセン指数が上昇するなど中国株高もプラス作用している。

 日経平均構成銘柄では、東京ドーム <9681> 、電通 <4324> 、ユニファミマ <8028> などが値上がり率上位。半面、アドバンテス <6857> 、DeNA <2432> 、東エレク <8035> などが値下がり率上位。

提供:モーニングスター社

最終更新:6月17日(月)11時05分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン