ここから本文です

今日の株式見通し-軟調か 米国市場では半導体株が軒並み下落

6月17日(月)8時42分配信 トレーダーズ・ウェブ

 東京市場は軟調か。先週末の米国株は下落。ダウ平均は17ドル安の26089ドルで終えた。経済指標はまちまちであったが、決算が失望を誘ったブロードコムが大幅安となり、半導体株全般に売りが広がる展開。ダウ平均やS&P500は終盤にプラス圏に浮上する場面もあったが、小幅に下げて終えた。ドル円は足元で108円50銭近辺で推移している。CME225先物は円建てが大証日中終値と比べて55円安の20980円、ドル建てが15円安の21015円で取引を終えた。

 米国株安を受けて上値の重い展開を予想する。特に半導体株を中心にハイテク関連にネガティブな影響が想定される。先に控えたFOMCや日銀金融政策決定会合が下支え要因として期待できるが、これらを前に様子見姿勢も強まりやすい。安く寄った後は方向感に欠ける地合いが続くだろう。日経平均の予想レンジは20900円-21150円。

最終更新:6月17日(月)8時42分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

トレーダーズ・ウェブ

トレーダーズ・ウェブ

DZHフィナンシャルリサーチ

人気の「レーティング情報」など豊富な銘柄情報を毎日配信。会員向け推奨銘柄の結果も公開中!

只今トレーダーズ・ウェブでは、特設ページで株式アナリストによる「信用取引3つのアイデア」の対談を掲載しています。 信用取引は「怖い」、「危ない」とイメージを抱いている投資家の方必見です。

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン