ここから本文です

前場コメント No.13 ソリトンシステムズ、住友林業、TDK、小林産業、サンゲツなど

6月14日(金)11時31分配信 トレーダーズ・ウェブ

現在値
住友林 1,302 -15
ソリトンS 1,055 -3
TDK 8,390 -40
GMOFH 600 -7
小林産 314 -1
★9:50  ソリトンシステムズ-続落 「CESアジアのトランプ像は弊社の出展物ではない」と明確に否定
 ソリトンシステムズ<3040>が続落。同社は13日に「一部で報道されているトランプ像は弊社の出展物ではない」とのコメントを発表した。
 一部報道において、CESアジアにおいて、トランプ米大統領の人形の頭をハンマーでたたくアトラクションを同社が出展したと報じられていたもの。
 同社は、トランプ像はNEWZAPというベンチャー企業のデモ品のひとつと聞いており、報道機関のインタビューに応じた者は同社の元社員であるとしている。

★9:52  住友林業-東海東京が目標株価引き下げ 20.3期は国内住宅事業が堅調に推移する見込み
 住友林業<1911>が小高い。東海東京調査センターでは、今20.3期は国内住宅事業が堅調に推移する見込みとして、レーティング「Outperform」を継続した。目標株価は2100円→1700円と引き下げた。
 今20.3期業績について、売上高1兆1276億円(前年比13.9%減)、経常利益576億円(同12.0%増、数理差異を除くベースでは同5.1%増)と予想。住宅・建築事業は主に戸建注文住宅の受注残高が3054億円と高水準にあることを考慮して、経常利益は255億円(同18.1%増)に伸びると予想。海外住宅・不動産事業については労務費などのコスト増を考慮して経常利益266億円(同3.1%増)と従来予想(278億円)を引き下げるが、米国の住宅市場が底堅く推移する想定のもと、販売増を軸とした成長は続くとの見方を示した。

★9:56  TDK-東海東京が目標株価引き下げ 受動部品と二次電池好調で今期も実質最高益更新へ
 TDK<6762>が小安い。東海東京調査センターでは、受動部品と二次電池好調で今期も実質最高益更新とみて、レーティング「Outperform」を継続した。目標株価は13500円→10000円と引き下げた。
 今20.3期会社計画は売上高1兆4200億円(前年比3%増)、営業利益1200億円(同11%増)。今期も売上高、営業利益とも連続実質過去最高更新の計画で、配当金は18.3期130円、19.3期160円、20.3期180円と連続増配計画を発表。東海東京では受動部品と二次電池は引き続き好調を見込み、センサーが会社計画に届かなくても営業利益は会社計画並みの1200億円(同11%増)を達成可能と予想するとした。

★9:57  小林産業-急落 上期営業益12%増も進ちょくの悪さを嫌気
 小林産業<8077>が急落。同社は13日に、19.10期上期(11-4月)の連結営業利益は2.5億円(前年同期比12.3%増)だったと発表した。全国各拠点での物流改善を進め、在庫品種を増加することにより売上高の拡大を図ったことが奏功した。なお、通期の会社計画6.7億円に対する進ちょくは36.9%となっている。

★9:57  GMOフィナンシャル-3日ぶり反発 5月次営業収益14%増
 GMOフィナンシャルホールディングス<7177>が3日ぶり反発。同社は14日、5月次業績(速報)を発表した。
 5月次の営業収益は35.4億円(前年同月比14.1%増)だった。受入手数料が減少した一方、トレーディング損益が増加した。

★9:59  サンゲツ-東海東京が目標株価引き上げ 値上げ効果やコスト負担の減少で増益を見込む
 サンゲツ<8130>が小高い。東海東京調査センターでは、今20.3期は値上げ効果やコスト負担の減少で増益を見込むとコメント。レーティング「Neutral」を継続も、目標株価は2100円→2200円と引き上げた。
 今20.3期業績について、会社計画は売上高1630億円(前年比1.6%増)、営業利益80.0億円(同35.7%増)。東海東京予想は売上高1626億円、営業利益72.1億円。これまで物流拠点やショールームの見直し、新基幹システムの導入など、構造改革を行ってきた。それに伴う投資がほぼ前期で一巡し、コスト負担の減少により増益となる見通し。
 セグメント別では、インテリア事業は、病院や学校、ホテル、商業施設など非住宅向けに壁紙や床材の伸びが見込まれる。また、2018年10月から壁紙など一部商品の値上げを実施しており、その効果で収益が改善する見通しとした。
小林

最終更新:6月14日(金)11時31分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

トレーダーズ・ウェブ

トレーダーズ・ウェブ

DZHフィナンシャルリサーチ

人気の「レーティング情報」など豊富な銘柄情報を毎日配信。会員向け推奨銘柄の結果も公開中!

只今トレーダーズ・ウェブでは、特設ページで株式アナリストによる「信用取引3つのアイデア」の対談を掲載しています。 信用取引は「怖い」、「危ない」とイメージを抱いている投資家の方必見です。

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン