ここから本文です

5G関連株が軒並み高、新IT戦略での信号機開放決定が株価刺激材料に◇

6月14日(金)13時45分配信 みんなの株式

(写真:みんなの株式)
拡大写真
(写真:みんなの株式)
現在値
サイバコム 2,214 +44
アンリツ 2,156 +65
santc 1,607 +51
アルチザN 1,632 +141
ヨコオ 3,155 +95
 アンリツ <6754> が一時5%を超える上昇で1900円台を回復、このほかアイ・エス・ビー <9702> 、santec <6777> 、サイバーコム <3852> 、ヨコオ <6800> 、アルチザネットワークス <6778> など5G関連株が軒並み買い優勢の展開となっている。

 政府がきょう新たなIT戦略を閣議決定し、信号機を5G基地局として国内通信4社に開放することが伝わっている。市場では「この信号機の開放の話自体は既にメディアを通じアナウンスされており、マーケットでは織り込まれている材料だが、今回の閣議決定を受けアルゴリズム売買などの資金流入を促した可能性がある。なお、アンリツは国内証券のレーティングなどが個別に追い風材料となっているが、5Gの国内インフラ整備が進むとの思惑は基地局向け計測器を手掛けるアルチザなどに恩恵が大きい」(国内証券アナリスト)としている。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:minkabuPRESS

みんなの株式(minkabu PRESS)

最終更新:6月14日(金)13時45分

みんなの株式

 

情報提供元(外部サイト)

みんなの株式

みんなの株式

ミンカブ・ジ・インフォノイド

株式投資の総合サイト

「みんなの株式」はみんなが集まる、みんな
で作る金融投資情報サイト。目標株価や売買
予想などで、個人投資家の個別株投資を強力
にナビゲートします!

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン