ここから本文です

東京マーケットダイジェスト・14日 円小幅高・株高

6月14日(金)15時23分配信 トレーダーズ・ウェブ

(14日終値:15時時点)
ドル円:1ドル=108.33円(前日NY終値比▲0.05円)
ユーロ円:1ユーロ=122.10円(▲0.12円)
ユーロドル:1ユーロ=1.1271ドル(▲0.0005ドル)
日経平均株価:21116.89円(前日比△84.89円)
東証株価指数(TOPIX):1546.71(△5.21)
債券先物9月物:153.56円(△0.12円)
新発10年物国債利回り:▲0.130%(▲0.015%)
ユーロ円TIBOR3カ月物:0.02900%(横ばい)

※△はプラス、▲はマイナスを表す。

(主な国内経済指標)       <発表値>    <前回発表値>
4月鉱工業生産確報
前月比                0.6%       0.6%
前年同月比              ▲1.1%     ▲1.1%
4月設備稼働率(前月比)       1.6%      ▲0.4%

※改は改定値を表す。▲はマイナス。

(各市場の動き)
・ドル円はもみ合い。108.30円台を中心とした小動きに終始した。本日は週末の実質5・10日(ゴトー日)とあって仲値にかけて108.40円まで上昇したものの、買いの勢いは長続きしなかった。
 なお、オセアニア通貨は弱含み。豪ドル円は一部豪銀が「豪準備銀行(RBA)は11月に政策金利を0.75%まで引き下げると予想」とのレポートを発表すると74.65円まで下押し。NZドル円は5月NZ製造業PMIが2012年12月以来の水準まで悪化したことが嫌気されて70.70円まで値を下げた。

・ユーロドルは小安い。狭いレンジ内での推移となったが、戻りの鈍さを嫌気されて昨日安値の1.1269ドルに迫る水準まで値を下げた。

・ユーロ円はさえない。豪ドル円などオセアニアのクロス円が軟調に推移したことにつれた。昨日安値の122.14円を下抜けて一時122.07円まで値を下げた。

・日経平均株価は3営業日ぶりに反発。寄り付き後に下げに転じる場面があったものの、その後は徐々に下値を切り上げる展開に。外国為替市場での円高一服を受けて、輸出関連株に買い戻しが入った。

・債券先物相場は上昇。昨日の米国債券相場が上昇した流れを引き継いで買いが先行した。また、週末を控えて持ち高調整目的の買いも観測された。
岩間

最終更新:6月14日(金)15時23分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

トレーダーズ・ウェブ

トレーダーズ・ウェブ

DZHフィナンシャルリサーチ

人気の「レーティング情報」など豊富な銘柄情報を毎日配信。会員向け推奨銘柄の結果も公開中!

只今トレーダーズ・ウェブでは、特設ページで株式アナリストによる「信用取引3つのアイデア」の対談を掲載しています。 信用取引は「怖い」、「危ない」とイメージを抱いている投資家の方必見です。

【あわせて読みたい】

話題の投信ブログ(外部サイト)

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン