ここから本文です

個人投資家・有限亭玉介:軟調相場で「売られたら買いたい」と注目中の株【FISCOソーシャルレポーター】

6月9日(日)10時00分配信 フィスコ

現在値
アルベルト 10,770 +140
メルカリ 2,791 +113
Eガーディ 1,910 +17
テクホラH 533 +19
&ファクト 4,280 -5
以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家「有限亭玉介」氏(ブログ:儲かる株情報「猫旦那のお株は天井知らず」)が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。

-----------

※2019年6月4日14時に執筆


株&猫ブログ「儲かる株情報『猫旦那のお株は天井知らず』」を執筆しております、有限亭玉介と申します。

この度は『軟調相場で「売られたら買いたい」と注目中の株』というテーマで寄稿させて頂きますよ。

さて、あたくしのブログでは日々「気になる銘柄」をピックアップし、その後の値動きに対する私観を交えた実況中継などを掲載しております。当記事ではここ最近注目した個別株についてザックリではありますが、ご紹介させて頂きます。

まずはALBERT<3906>です。2018年から幾度となく当記事ではご紹介して参りましたねぇ。ビッグデータ解析やAI及びアルゴリズム開発を行う企業にて、昨年は大型提携を発表して人気化しましたな。

しかし、5月10日に発表された19.12期1Q決算では営業・経常利益は前年同水準であったものの、事業拡大の先行投資の影響で四半期純利益が637万円の67.1%減でした。株価は窓をあけて急落するも、その後持ち直してきております。ここ最近は値動きが激しいですが、岩井コスモ証券は投資判断「A」の目標株価15,000円を継続している事もあり、下値では拾っておきたくなる銘柄です。

2つ目の銘柄は、漫画アプリやゲーム攻略掲示板アプリを展開するand factory<7035>です。当記事でも何度かご紹介させていただいた同社は、4月22日に不動産売却による売上高の上方修正を発表しましたが、人材や広告宣伝費への投資の為、営業利益予想は据え置きました。

IoT事業の客室タブレットサービス『tabii』は、「変なホテル」など導入施設数を増加させており、昨今の訪日観光客増加の流れは同社のシステム受注に追い風になる可能性もあります。業績好調ながら、チャートはもみ合いを続けておりますが、底値で拾えるよう監視を続けていきたいもんです。

続いて3つ目はITフリーランスと企業をマッチングするIT人材事業や、ゲーム開発事業を展開するギークス<7060>です。5月14日に決算にて、19.3期連結経常利益は3期連続で過去最高益更新見込みと業績の好調さをキープ。

チャートは先の決算後から反発となりましたが、軟調な地合いに押し戻されたところを見ると、このまま保ち合いを形成するかと想定しています。ただ、直近IPOゆえに、地合い好転となれば働き方改革関連銘柄として国策に絡むテーマ性の強さから、物色を受ける可能性を見ています。またAIやフィンテック、IoTへの高度人材への需要高も同社株には追い風でしょうからねぇ。

4つ目の銘柄はイー・ガーディアン<6050>です。Webの本人認証や不正取引の監視、IoTのセキュリティのコンサルティング、ゲームのプログラム改ざん等の脆弱性診断から中韓を中心とした多言語サポートを行う、多彩なテーマ性をもつ企業です。

5月9日に発表された19.9期2Q累計決算では前年同期比1割程度増益でしたが、これに対していちよし証券は目標株価を3,500円から2,900円に引き下げるも、投資判断を最高の「A」継続としています。チャートは底を探る展開ではありますが、60月線(1500円付近)へと近づいてきている事もあり、どこで底打ちとなるか見ておきたいと注目してみました。

5つ目の銘柄はテクノホライゾンHD<6629>です。5月15日に発表された決算では19.3期4Qの経常利益は前年同期比2.1倍の4.9億へ拡大し、20.3期も増益予想であった事もあり、株価は窓をあけて急騰しました。

8月に発売予定の完全ワイヤレス可動式書画カメラは、同社のICT分野への展望も想起されますな。そしてカメラ認証における自動運転関連やQRコード関連などテーマ性にも注目です。米中貿易摩擦懸念による上値の重い現在の全体相場の中で、窓を埋めに来る事もあれば、拾ってみたいと検討中です。小型株でありながら業績好調となれば、今後の伸びしろに期待したくなりますからねぇ。

最後の銘柄はメルカリ<4385>です。言わずと知れたフリマアプリを展開する同社ですが、7月にはメルペイのコード決済を全国のセブン-イレブンで提供開始する事で、キャッシュレス決済の普及拡大が期待されますな。

5月9日発表の19.6期3Q累計決算は経常損益の赤字幅拡大での着地として売られたものの、前回2月2日の当記事でも配信したように、大和証券が投資判断を「1(買い)」として目標株価を3,900円としている事もあり、26週線付近を下値サポートとして反発トレンドは継続している模様です。4月にはメルペイ登録者数が100万人を突破したとの発表からも、今後もキャッシュレス関連として、同サービスの普及促進・展開は注目しておきたいと思います。

と…ここでご紹介できるのはスペースの関係もあり、以上ではありますが…他にも「注目すべき」とする銘柄は沢山ございます。お時間がありましたらブログを検索して頂ければ幸甚です。愛猫「なつ」と共にお待ち申し上げております。

----

執筆者名:有限亭玉介
ブログ名:猫旦那のお株は天井知らず

《SF》
株式会社フィスコ

最終更新:6月9日(日)10時00分

フィスコ

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

話題の投信ブログ(外部サイト)

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン