ここから本文です

前場コメント No.2 マツダ、大木ヘルスケア、豊田合成、ブティックス、阪和興業など

6月7日(金)11時31分配信 トレーダーズ・ウェブ

現在値
サニサイド 1,004 -1
大木ヘルス 979 -64
識学 1,700 -82
マツダ 1,111 -2
豊田合 2,070 -28
★9:01  サニーサイドアップ-買い気配 1株を2株に分割
 サニーサイドアップ<2180>が買い気配 同社は6日、株式分割を行うと発表した。株式の流動性の向上と投資家層のさらなる拡大を図ることを目的にしている。7月10日を基準日として、普通株式を1株につき2株の割合で分割する。
 配当予想については配当基準日が6月30日となるため、期末配当予想に変更はない。
 併せて、株式分割後の株主優待後の内容を拡充することも発表した。100株(1単元)以上で同社が展開するオールデイダイニング「bills」において利用可能な優待券(2名相当分の食事を提供)を1枚から、200株(2単元)以上で同優待券(1名相当分の食事を提供)を2枚、500株(5単元)以上で5枚に変更する。
 6月末時点の株主名簿に記載または記録された株主を対象に実施する。

★9:01  マツダ-みずほが目標株価引き下げ 米国販売や為替など懸念は多い
 マツダ<7261>が小安い。みずほ証券では、米国販売、為替など懸念は多いと判断。投資判断「中立」を継続、目標株価は1350円→1020円と引き下げた。
 5月の米国販売は前年同月比16%減、4~5月でも前年同期比15%減と主要モデル全般で減少が続く。19年後半には新型CX-30の投入が予定されるが、会社の今20.3期米国販売13%増の達成はハードルが高い。今20.3期は継続的な商品改良などで耐える局面が続くと予想。一方、Autodataによると台当たり販売奨励金は抑制されており、残価などに留意した無理に販売台数を追わない戦略が継続されていることがうかがえる。収益を重視した販促費の削減は下支え要因と考えるとした。

★9:01  大木ヘルスケア-買い気配 上限20万株・3億円の自己株取得枠を設定 割合は1.4%
 大木ヘルスケアホールディングス<3417>が買い気配。同社は6日、20万株・3億円を上限とした自己株取得枠を設定すると発表した。取得期間は6月7日~11月30日。なお、上限20万株を取得した場合の自己株式を除いた発行済株式総数に対する割合は1.4%となる。

★9:01  豊田合成-三菱UFJMSが目標株価引き下げ 増勢を増してくる拡販効果を再評価
 豊田合成<7282>が小安い。三菱UFJモルガン・スタンレー証券では、今20.3期以降に増勢を増してくる拡販効果を再評価するとし、投資判断「Overweight」を継続した。目標株価は3000円→2600円と引き下げた。
 「系列外拡販の進展および素材革新による事業領域拡大」という従来からの強気シナリオに変更はなし。セクター内で相対的に強い利益成長が期待可能である点を考慮すると、株価には割安感があると考えられる。
 米中関税影響や欧州の改善遅れ等を考慮し、利益予想を下方修正。ただし、(1)樹脂化などによる事業領域拡大、(2)トヨタ外拡販の進展に加え、(3)欧州での収益改善、(4)19.3期発生の一過性費用の解消(和解金66億円)なども加わり、セクター内で相対的に強い業績基調が確保可能との見方は不変であるとした。

★9:02  ブティックス-買い気配 識学と事業提携 介護事業者の人材定着を強化
 ブティックス<9272>が買い気配。同社は6日、識学<7049>と事業提携を行うと発表した。
 介護事業者における人材定着や、組織の管理体制の整備などの課題を解決するためのマッチング・サービスを開始するとしている。

★9:02  阪和興業-三菱UFJMSが目標株価引き下げ 利益成長が望める稀有な位置付け
 阪和興業<8078>が小高い。三菱UFJモルガン・スタンレー証券では、世界最大の青山鋼鉄とともに、利益成長が望める稀有な位置付けと判断。投資判断「Overweight」を継続も、目標株価は6100円→4590円と引き下げた。
 既存の鉄鋼商社としてのビジネスの安定収益に加え、非鉄鋼事業の収益上積みを評価。評価ポイントは下記2点。(1)1次流通から2次流通への進出による付加価値増、(2)「ステンレス」を軸とした非鉄鋼事業への展開。今20.3期以降は青山鋼鉄関連との取扱量や粗利率予想を下方修正したが、非鉄鋼事業、特に金属原料事業が利益成長をけん引するシナリオは変わらないとした。
小林

最終更新:6月7日(金)11時31分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

トレーダーズ・ウェブ

トレーダーズ・ウェブ

DZHフィナンシャルリサーチ

人気の「レーティング情報」など豊富な銘柄情報を毎日配信。会員向け推奨銘柄の結果も公開中!

只今トレーダーズ・ウェブでは、特設ページで株式アナリストによる「信用取引3つのアイデア」の対談を掲載しています。 信用取引は「怖い」、「危ない」とイメージを抱いている投資家の方必見です。

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン