ここから本文です

日経平均は220円程度安、米国株安や円高で売りが優勢の展開=6月3日寄り付き

6月3日(月)9時25分配信 モーニングスター

現在値
出光興産 3,010 -160
JXTGH 507.5 -21.8
AGC 3,620 -75
ガイシ 1,520 -33
三井金 2,505 -81
 6月3日午前9時22分すぎの日経平均株価は、前日比220円程度安い2万380円近辺で推移する。午前9時2分には、同295円45銭安の2万305円74銭を付けている。現地5月31日の米国株式は、トランプ米大統領が、メキシコからの輸入品すべてに5%の追加関税を課すと表明したことを受け、メキシコから製品を輸入する自動車関連などが下落したほか、市場全体にリスク回避姿勢が高まり反落。前週末に東京市場が先行して下げていたが、引き続き売りが優勢で、為替市場において円相場が円高に振れていることも重しとなっている。シカゴ日経平均先物の円建て清算値は、5月31日の大阪取引所終値比115円安の2万425円だった。

 業種別では、出光興産 <5019> 、JXTG <5020> などの石油石炭製品株や、AGC <5201> 、ガイシ <5333> などのガラス土石株が下落。大和証G <8601> 、野村 <8604> などの証券株や、ニコン <7731> 、HOYA <7741> などの精密機器株も安い。三井金属 <5706> 、住友鉱 <5713> などの非鉄金属株や、王子HD <3861> 、日本紙 <3863> などのパルプ紙株も軟調。郵船 <9101> 、商船三井 <9104> などの海運株や、コマツ <6301> 、ダイキン <6367> などの機械株も下げている。

 個別では、ランド <8918> 、アルコニクス <3036> 、日電子 <6951> 、ワタベ <4696> 、クレセゾン <8253> などが下落。半面、イチカワ <3513> 、千葉興銀 <8337> 、北の達人 <2930> 、トピー工業 <7231> 、藤久 <9966> などは上昇している。

 東京外国為替市場は午前9時22分時点で、1ドル=108円台の前半(前週末5月31日終値は1ドル=108円77-78銭)、1ユーロ=121円前後(同121円19-23銭)で取引されている。

提供:モーニングスター社

最終更新:6月3日(月)9時25分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

話題の投信ブログ(外部サイト)

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン