ここから本文です

前場コメント No.19 アドバンテスト、ERIHD、ANA、CTC、JVCケンウッドなど

5月31日(金)11時32分配信 トレーダーズ・ウェブ

現在値
アステリア 637 -3
CTC 2,863 +78
ERIHD 748 -4
JVCKW 274 -1
アドテスト 4,100 -15
★11:05  アドバンテスト-反落 R&Iが発行体格付けを「A」に1ノッチ引き上げ
 アドバンテスト<6857>が反落。格付投資情報センター(R&I)は5月30日、同社の発行体格付けを「A-」→「A」に引き上げると発表した。格付けの方向性は「安定的」。
 アドバンテストは優れた製品開発力や顧客サポートを通して市場シェアを上げている。コスト削減などの効果で市況の悪化局面でも比較的高水準の収益力・キャッシュフロー創出力を保てる公算が大きくなっている。財務基盤の拡充も進んでおり、ダウンサイドリスクや成長投資への財務耐久力は増している。以上を踏まえ、発行体格付けを「A」に引き上げ。なお、米中貿易摩擦で需要の先行きが不透明になっており、その影響を見守っていくとした。

★11:07  ERIHD-3日ぶり反発 中国企業と既存建築物の点検業務で共同研究
 ERIホールディングス<6083>が3日ぶり反発。同社は30日、子会社のERIソリューションと上海申標智安検測技術有限公司(本社:中国上海市)と共同研究を行う基本合意書を締結したと発表した。
 中国国内においては、経済発展により急増した高層ビルや多数の歴史的な建築物に関する維持管理のための調査診断の重要性が高まりつつあり、両社は、将来において中国で共同事業に取り組む可能性を検討するために、既存建築物の点検業務に関し、共同で研究を行うことを目的として基本合意書を締結したとしている。

★11:09  ANA-みずほが目標株価引き下げ 成長ポテンシャルに変わりはない
 ANAホールディングス<9202>が小安い。みずほ証券では、成長ポテンシャルに変わりはないとし、投資判断「中立」を継続した。目標株価は4400円→3700円と引き下げた。
 足元の国際線旅客と国際貨物の動向から、今20.3期営業利益は会社計画を下回ると予想。一方、今20.3期は2020年の首都圏空港発着枠拡充に向けて行うべき人員配置などは着実に進展し、改良型パーツへの交換が進むことで、B787型機エンジン問題の影響も徐々に解消する見込み。2020年以降に成長ポテンシャルがあることに変わりはないとした。

★11:12  CTC-5日ぶり反発 AIチャットボットを提供する台湾Intumitに出資
 伊藤忠テクノソリューションズ<4739>が5日ぶり反発。同社は31日に、AI/ロボット事業を手掛ける台湾のベンチャー企業Intumit(台湾新北市)へ出資し、日本におけるIntumitのAIチャットボットについて協業を開始すると発表した。
 Intumit独自開発のAIエンジンを使用したAIプラットフォーム「SmartRobot」は、音声認識、音声対話、自然言語分析、知識検索などの技術を統合したものという。同社は、Intumitへの出資とともに日本国内での「SmartRobot」の取り扱いを開始し、地方銀行や地方自治体、旅客関連業などの顧客サポート業務を中心にAIチャットボットサービスを展開するとしている。

★11:15  JVCケンウッド-みずほが目標株価引き下げ 再評価しづらい状況が続く
 JVCケンウッド<6632>が小安い。みずほ証券では、事業ごとの位相が合わず、再評価しづらい状況が続くと想定。投資判断「中立」を継続、目標株価は320円→260円と引き下げた。
 前19.3期決算では、業務用無線や連結子会社EFJTの復調から、課題であったパブリックサービス(PS)の損益改善が確認された一方、過去3期にわたり業績拡大をけん引してきたオートモーティブ(AM)が4Qから急減速するなど、好悪入り交じりの内容となった。AMの失速は一過性要因もあるが、想定外の一部OEM(相手先ブランドでの製造)案件での早期販売終息もあり、今20.3期は低調持続が予想される。事業毎の凸凹から全社ベースでみた利益水準の一段の切り上がりは期待しづらいとした。

★11:27  アステリア-底堅い PCAクラウドと連携を開始
 アステリア<3853>が底堅い。同社は30日、ピー・シー・エー<9629>が提供する基幹業務クラウド「PCAクラウド」と、同社の「アステリアワープ」との連携を可能にするアダプターを販売すると発表した。 
 同社が提供する国内EAI/ESBソフトウェア市場シェアトップの「アステリアワープ」と導入実績1万2000社の「PCAクラウド」を連携させることで、社内で稼働している既存のシステムやクラウドサービスとの連携基盤をノンコーディングで開発することが可能となる。
小林

最終更新:5月31日(金)11時32分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

トレーダーズ・プレミアム

トレーダーズ・プレミアム

DZHフィナンシャルリサーチ

株式情報会員専用サービス
入会受付中

月額10,000円(税別)

株・為替ニュースでおなじみのトレーダーズ・ウェブ では、個人投資家注目の話題の銘柄や反転シグナル点等銘柄が毎日キャッチできる豊富なコンテンツを提供しています!

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン