ここから本文です

前日に動いた銘柄 part1オプティム、ライフコーポレーション、タケエイなど

5月31日(金)7時15分配信 フィスコ

現在値
タケエイ 977 -10
オプティム 2,898 +72
ユビコムH 1,503 +12
第一稀元素 813 -9
三洋化 5,050 ---
銘柄名<コード>30日終値⇒前日比

メドレックス<4586> 434 +7
チザニジンテープ剤の臨床第1相反復PK試験で被験者への投与開始。

Ubicom<3937> 1503 -20
子会社エーアイエスの新製品が
大規模医療グループ内病院で導入決定と発表で切り返す場面も。

エボラブルA<6191> 2188 +11
ハワイ旅行専門ブランドを展開する
セブンフォーセブンエンタープライズ社を子会社化。

稀元素<4082> 823 +76
レアアース・レアメタル関連として物色向かう。

オプティム<3694> 2480 +273
アプリケーション実行基盤に関する特許保有を発表。

ライフコーポレーション<8194> 2331 +205
アマゾンジャパンと宅配サービスを開始と伝わる。

タケエイ<2151> 877 +79
いちよし証券ではフェアバリューを引き上げ。

三洋化成工業<4471> 5690 +370
日本触媒との経営統合を発表で。

センコーHD<9069> 876 +49
SMBC日興証券では買い推奨に格上げ。

ツガミ<6101> 898 +54
あらためて5G関連としての期待感も浮上か。

日本触媒<4114> 6660 +260
三洋化成との経営統合を評価する動きに。

東邦チタニウム<5727> 1147 +80
中国がレアアースを対米貿易交渉の対抗措置にと伝わっており。

大阪チタニウムテクノロジーズ<5726> 1679 +114
東邦チタと同様にレアアース関連として買われる。

ルネサスエレクトロニクス<6723> 502 +32
ゴールドマン・サックス証券では投資判断を格上げ。

アルコニックス<3036> 1395 +35
レアアース関連の代表格の一社であり、市況上昇など期待。

ガンホー<3765> 335 +10
いちよし証券ではフェアバリューを引き上げ。

出光興産<5019> 3140 +70
原油価格の下げ渋りなどプラス材料視も。

TOYO TIRE<5105> 1379 +30
29日には岡三証券が投資判断を格上げ。

東京エレクトロン<8035> 15170 +485
米半導体関連株は昨日堅調な動きとなり。

共立メンテナンス<9616> 5400 -310
野村證券では売り推奨に格下げ。

鎌倉新書<6184> 1549 -121
特に目立った材料はなく需給要因が中心か。

レンゴー<3941> 914 -71
北越コーポの参入による需給悪化懸念も。

乃村工芸<9716> 1388 -70
分割権利落ち後の上昇も限定的にとどまり。

KLab<3656> 855 -61
岡三証券が投資判断を格下げしている。



《FA》
株式会社フィスコ

最終更新:5月31日(金)8時08分

フィスコ

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン