ここから本文です

NY為替:米長期金利低下を意識してドルは伸び悩む

5月31日(金)6時20分配信 フィスコ

30日のニューヨーク外為市場でドル・円は、109円93銭まで上昇後、109円47銭まで反落し、109円60銭で引けた。米長期金利が下げ止まったため一時ドル買い・円売りが強まった。しかし、米1-3月期コアPCE改定値が予想外に下方修正され3年ぶりの低水準になったことや、4月中古住宅販売が減少したことから、長短金利差の逆転が一段と進み2007年9月来の水準となったため景気後退懸念が強まりドル売り・円買いが再燃した。
ユーロ・ドルは、1.1142ドルから1.1116ドルまで下落し、1.1129ドルまで戻して引けた。ユーロ・円は、122円26銭まで上昇後、121円91銭まで下落。ポンド・ドルは、1.2632ドルから1.2581ドルまで下落した。ドル・スイスは、1.0094フランまで上昇後、1.0070フランまで下落した。

《MK》
株式会社フィスコ

最終更新:5月31日(金)7時53分

フィスコ

 

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン