ここから本文です

個別銘柄戦略:三菱電やユニチャームに注目

5月29日(水)9時03分配信 フィスコ

拡大写真
現在値
ハウス食G 4,075 +110
オープンH 4,670 +60
JXTGH 511.6 +4.1
ブラザー工 2,001 +26
三菱電 1,420 +36
三連休明け28日の米国市場では、NYダウが237.92ドル安の25347.77、ナスダック総合指数が29.66pt安の7607.35と下落し、シカゴ日経225先物も大阪日中比215円安の21015円と下げた。29日早朝の為替は1ドル=110円30-40銭と、28日大引け時点より20銭弱の小幅円高。本日の東京市場は米国株との連動性の高い任天堂やソフトバンクG<9984>、昨日上場した東エレク<8035>や村田製<6981>をはじめとする電子部品株を中心に売りに押される展開となろう。米中摩擦の長期化観測から投資家のリスク回避志向は強く、三菱UFJ<8306>など大手金融株もさえない値動きを強いられよう。ただ、米原油先物相場の上昇からJXTG<5020>などの石油株の堅調が予想されるほか、円相場の強含みから空運、紙・パルプ、電力、外食などの各セクターで個別物色が強まりそうだ。一方、強気の投資判断や目標株価の引き上げが観測されたハウス食G<2810>、オープンハウス<3288>、ブラザー<6448>、三菱電<6503>、富士電機<6504>、JVCケンウッド<6632>、日本ライフライン<7575>、ユニチャーム<8113>、三井トラスト<8309>、KDDI<9433>、ソフトバンクG<9984>などに注目。《US》
株式会社フィスコ

最終更新:5月29日(水)9時08分

フィスコ

 

この記事の関連銘柄ニュース

話題の投信ブログ(外部サイト)

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン