ここから本文です

話題株ピックアップ【夕刊】(3):メドピア、アサカ理研、サクサ

5月29日(水)15時41分配信 株探ニュース

メドピア <日足> 「株探」多機能チャートより
拡大写真
メドピア <日足> 「株探」多機能チャートより
現在値
メンバーズ 1,789 -35
コア 1,357 +14
ギグワクス 1,355 -64
アルコニク 1,320 +3
ユーザーL 3,965 -145
■アサカ理研 <5724>  1,690円  +300 円 (+21.6%) ストップ高   本日終値
 アサカ理研<5724>やアルコニックス<3036>、東邦チタニウム<5727>などレアアース・レアメタル関連株が高い。中国の環境時報の編集長が28日に「中国はレアアース(希土類)の対米輸出制限を真剣に検討している」とツイッターに投稿。これを受け、米中貿易摩擦に絡み中国による米国向けレアアース・レアメタルの禁輸思惑が再燃している。アサカ理研はレアアース・レアメタルのリサイクル事業を展開しているほか、レアメタルなどを取り扱う非鉄関連の専門商社であるアルコニックスに買いが流入した。また、レアメタルのチタンの中間製品であるスポンジチタンを扱う邦チタニウムもしっかり。

■サクサホールディングス <6675>  1,830円  +196 円 (+12.0%)  本日終値  東証1部 上昇率トップ
 サクサホールディングス <6675> が大幅高。28日大引け後に発表した19年3月期の連結経常利益は前の期比2.9倍の19.1億円に伸び、従来予想の15億円を上回って着地。続く20年3月期も前期比30.3%増の25億円に拡大する見通しとなったことが買い材料視された。今期はアミューズメント事業の特需がなくなるものの、オフィス向けネットワーク機器の販売拡大で増収を確保する見込み。原価低減や生産機能の集約による効率化が進むことも増益に大きく貢献する。併せて、今期の年間配当は前期比5円増の55円に増配する方針としたことも支援材料となった。

■トップカルチャー <7640>  371円  +34 円 (+10.1%)  本日終値  東証1部 上昇率2位
 トップカルチャー<7640>が後場急伸し、3月7日につけた年初来高値357円を一気に更新した。午後1時ごろ、19年10月期連結業績予想について、営業利益を2億6400万円から5億9000万円(前期11億3200万円の赤字)へ、純利益を4800万円から3億2800万円(同13億8400万円の赤字)へ上方修正したことが好感された。売上高は328億円から322億7200万円(同横ばい)へやや下方修正したものの、蔦屋書店事業で主力の書籍と特撰雑貨・文具の売り上げが好調なことに加えて、今期に取り組んでいる粗利の改善や販促の見直し、セルフPOS導入など店舗運営効率化による販管費の改善を着実に進めることができたことが寄与した。

■ユーザーローカル <3984>  6,150円  +420 円 (+7.3%)  本日終値
 ユーザーローカル<3984>が4日続伸。きょう付けの日本経済新聞朝刊「好調中堅企業の素顔」コーナーで紹介されており、これが好材料視されたようだ。同社は主に、ビックデータを収集、解析し活用するためのプラットフォームをインターネット経由で提供しているが「ソフトの売り切りではなく、使用期間に応じて料金を支払う継続従量課金型のビジネスで安定収益を稼ぐ」と紹介している。

■スリープログループ <2375>  1,244円  +82 円 (+7.1%)  本日終値
 スリープログループ<2375>が反発。28日の取引終了後に発表した第2四半期累計(18年11月~19年4月)連結決算が、売上高86億400万円(前年同期比8.0%増)、営業利益4億4400万円(同47.0%増)、純利益2億5900万円(同30.5%増)と大幅増益となったことが好感されている。主力のBPO事業で、強みとするギグワーク(単発・短期案件)の増加や、フードデリバリー向けの加盟店獲得のための営業代行や運営支援業務が拡大したほか、収益性の高いIT通信機器の設定・設置部門が大幅に伸長したことなどが寄与した。また、コワーキングスペース事業も先行投資からセグメント損益は赤字となったが、利用単価や稼働率は堅調に推移しており、計画より前倒しでの黒字化も見えてきたとしている。なお、19年10月期通期業績予想は、売上高170億円(前期比5.9%増)、営業利益8億円(同36.5%増)、純利益4億5000万円(同45.6%増)の従来見通しを据え置いている。

■メンバーズ <2130>  2,080円  +134 円 (+6.9%)  本日終値  東証1部 上昇率7位
 メンバーズ<2130>が全体下げ相場をものともせず6連騰で最高値街道を走っており、未踏の2000円大台に歩を進めた。現在、わが国では人工知能(AI)が普及する一方、それに見合う人材の確保が急務となっている。そのなか同社は高度なデジタル人材の育成に注力している。100%子会社のメンバーズデータアドベンチャーがデータサイエンス領域に特化した人材派遣サービス会社として同社の業績拡大を牽引する可能性があり、株価上昇を後押ししている。20年3月期は売上高が23%増、営業利益が29%増といずれも高成長を継続する見通しで、買い安心感が強い。また、株式需給面では外資系証券経由で空売りが積み上がっていたこともあり、踏み上げ相場の素地となっている。

■メドピア <6095>  3,120円  +200 円 (+6.9%)  本日終値
 メドピア<6095>が大幅反発し連日の年初来高値更新。28日の取引終了後、医師の転職支援サービス「リクルートドクターズキャリア」を運営するリクルートメディカルキャリア(東京都港区)と業務提携契約を締結すると発表したことが好感された。今回の提携は、医師のスポット求人に特化した紹介事業を共同展開することが目的。今秋の開始をメドに「MedPeer」内に、医師のスポット求人専用サイトを新たに構築し、医療機関におけるスポット求人情報をまとめて掲載することで、医師が自分の希望にあったアルバイト先を効率的に探すことができるようにする。また、スポット求人情報の提供や求人へ応募した医師と医療機関とのマッチングサポートはリクルートメディカルキャリアが行うとしている。なお、19年9月期業績への影響は軽微と見込む。

■コア <2359>  1,492円  +74 円 (+5.2%)  本日終値
 コア<2359>は全体地合い悪に逆行して上値指向が鮮明、2月7日につけた年初来高値1528円も視野に捉えている。次世代通信規格の5Gの基地局投資では、超低遅延の課題をクリアするコンピューターシステムが必要となる。その際にユーザーの近くにエッジサーバーを分散させ、距離短縮によって反応速度を高めるエッジコンピューティングが注目されている。そのなかエッジコンピューティングソリューション「IoT Secure」の提供で業界を先駆する同社はシステムインテグレーターとしても優位性がある。業務面では受託型のSIビジネスから提案型のソリューションビジネスに経営の重心を移し、利益率向上を実現していることも評価材料。19年3月期は小幅減収ながら営業利益は24%の高い伸びを示した。また、20年3月期も2ケタ成長トレンドを継続する見通し。

■ストライダーズ <9816>  304円  +15 円 (+5.2%)  本日終値
 28日、ストライダーズ <9816> [JQ]が発行済み株式数(自社株を除く)の2.85%にあたる25万株(金額で1億円)を上限に自社株買いを実施すると発表したことが買い材料視された。需給改善や株式価値の向上といった株主還元が好感されたほか、株価浮揚策としてもポジティブに受け止められた。買い付け期間は6月1日から8月31日まで。

■No.1 <3562>  920円  +44 円 (+5.0%) 一時ストップ高   本日終値
 No.1<3562>が後場急伸。午後1時35分に、4月15日に設立した子会社No.1パートナー株式の35%を光通信<9435>に譲渡するとともに、光通信との間でWebマーケティングによる各種情報通信端末の販売事業に関する業務提携を行うと発表しており、これが好感された。今回の子会社合弁化は、Webマーケティング手法を用いた各種情報通信端末の販売推進が狙い。譲渡価額は700万円で譲渡日は5月31日を予定。なお、20年2月期業績への影響は軽微としている。

●ストップ高銘柄
 ホープ <6195>  1,615円  +300 円 (+22.8%) ストップ高   本日終値
 やまねメディカル <2144>  625円  +100 円 (+19.1%) ストップ高   本日終値
 フルッタフルッタ <2586>  508円  +80 円 (+18.7%) ストップ高   本日終値
 など、4銘柄

●ストップ安銘柄
 なし

株探ニュース(minkabu PRESS)

最終更新:5月29日(水)17時15分

株探ニュース

 

情報提供元(外部サイト)

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン