ここから本文です

「エッジコンピューティング」急浮上、5G基地局投資で出番<注目テーマ>

5月28日(火)12時21分配信 みんなの株式

(写真:みんなの株式)
拡大写真
(写真:みんなの株式)
現在値
コア 1,348 +4
Dメディア 4,135 +30
さくらイン 614 +3
アステリア 653 -1
ACCES 794 +15
★人気テーマ・ベスト10

1 5G
2 量子コンピューター
3 人工知能
4 エッジコンピューティング
5 電線地中化
6 レアアース
7 キャッシュレス決済
8 サイバーセキュリティ
9 TOPIXコア30
10 半導体

 みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で、「エッジコンピューティング」が4位に急浮上している。

 世界的なIT革命が現在進行形で進むなか、AI・IoTや5Gなどのキーテクノロジーを支える土壌となるのが次世代コンピューティング分野で、その一つであるエッジコンピューティングに改めて注目度が高まっている。生産現場のロボット制御や自動運転、遠隔医療など情報のリアルタイム処理が求められるシーンで、クラウドコンピューティングでは、ユーザーからデータセンターまでの物理的な距離がわずかな遅延につながり、対応が困難となるケースが生じる。その点、エッジコンピューティングはユーザーの近くにエッジサーバーを分散させ、距離短縮によって反応速度を高めるという技術で注目を集めている。

 産業ロボットを合理的に動かすには、センサーが感知した情報を元にして位置や速度の調整を数ミリ秒単位で制御する必要に迫られる。クラウド環境ではデータ送受信に数十ミリ秒を要し、このハードルをクリアできないが、クラウドに比べ最大100分の1程度の時間短縮を実現するエッジコンピューティングであれば、数ミリ秒単位のコントロールを可能とし、通信遅延の問題を乗り越えられる。

 このエッジコンピューティングのコンセプトは、世界が競うようにインフラ構築を推進する次世代通信規格「5G」でも需要なポジションを担う。携帯通信事業者の業界団体GSMAによると、5G回線は世界ベースで25年頃に11億回線に達すると試算され、これは世界総人口の約3割をカバーする規模となるが、そこに到達するためには超低遅延の命題を果たすコンピューターシステムが必須となる。5G設備は基地局を主軸とする無線アクセス領域と大容量の情報を取り扱う基幹網に大別される。その際に基地局と基幹網は光ファイバーで連携し、その間に現場近くで演算処理するエッジコンピューティング設備が設置される形が想定される。

 同関連株は株式市場でも有力なテーマ物色対象として今後、熱視線を浴びる可能性が高い。注目銘柄ではAI搭載IoT統合エッジウェア「Gravio」を展開するアステリア <3853> やエッジコンピューティングソリューション「IoT Secure」を提供するコア <2359> 、エッジAIモジュール分野の開拓を進めるディジタルメディアプロフェッショナル <3652> が直近の株探トップ特集でも紹介されている。

 このほか、エッジコンピューティングにAIを搭載したトータルソリューションを開発しているACCESS <4813> 、エッジコンピューティングの構築を強力サポートする高性能IoTゲートウェイ製品を手掛けるぷらっとホーム <6836> 、エッジコンピューティングに概念の近いフォグコンピューティング分野に早くから取り組むさくらインターネット <3778> も要マーク。更にAI・IoT・エッジコンピューティング分野に注力の意向を表明している富士通系ディーラーの都築電気 <8157> からも目が離せない。

出所:minkabuPRESS

みんなの株式(minkabu PRESS)

最終更新:5月28日(火)12時21分

みんなの株式

 

情報提供元(外部サイト)

みんなの株式

みんなの株式

ミンカブ・ジ・インフォノイド

株式投資の総合サイト

「みんなの株式」はみんなが集まる、みんな
で作る金融投資情報サイト。目標株価や売買
予想などで、個人投資家の個別株投資を強力
にナビゲートします!

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン