ここから本文です

東京ドーム-上げ幅拡大 五輪期間中のヤクルトとDeNAの主催試合を開催へと報道

5月27日(月)14時12分配信 トレーダーズ・ウェブ

現在値
東京ドーム 1,015 +5
 東京ドーム<9681>が上げ幅拡大。「ヤクルトとDeNAの主催試合、五輪前後は東京ドームで=プロ野球」と題したニュースが時事通信から5月27日昼ごろに配信されており、材料視する向きがあるもよう。

 記事によると、ヤクルトとDeNAが2020年東京五輪の影響で本拠地球場が使用できなくなる期間について、巨人の本拠地である東京ドームで主催試合を行うことが判明。ヤクルトは13試合となる見通し。
 五輪開催に伴い、プロ野球は2020年7月22日から8月13日まで中断される。五輪期間中とその前後に神宮球場は資材置き場などになり、DeNAの本拠地の横浜スタジアムは野球・ソフトボール競技の主会場になるため、両球団が主催試合の代替地を探していたとされる。
小林

最終更新:5月27日(月)14時12分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

トレーダーズ・ウェブ

トレーダーズ・ウェブ

DZHフィナンシャルリサーチ

人気の「レーティング情報」など豊富な銘柄情報を毎日配信。会員向け推奨銘柄の結果も公開中!

只今トレーダーズ・ウェブでは、特設ページで株式アナリストによる「信用取引3つのアイデア」の対談を掲載しています。 信用取引は「怖い」、「危ない」とイメージを抱いている投資家の方必見です。

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン