ここから本文です

前場コメント No.15 マーベラス、トヨタ紡織、ベクトル、田谷、東急不動産など

5月27日(月)11時31分配信 トレーダーズ・ウェブ

現在値
トヨタ紡 1,412 -9
東急不HD 632 +17
ガンホー 304 +8
ナトコ 1,182 +11
田谷 608 +2
★10:07  ナトコ-反発 タイに販売子会社を設立 事業開始は6月の予定
 ナトコ<4627>が3日ぶり反発。同社は5月24日大引け後に、グローバル展開の基盤整備の一環として、タイに販売子会社を設立すると発表した。全額出資でNATOCO PAINT(THAILAND)をバンコク市内に設立し、塗料、ファインケミカル製品の販売を行う。事業開始は6月の予定。

★10:08  マーベラス-続伸 「Travis Strikes Again: No More Heroes」PS4・Steam向けに発売へ
 マーベラス<7844>が続伸。同社は27日10時に、ガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765>傘下のグラスホッパー・マニファクチュア(東京都千代田区)が開発するアクションゲーム「Travis Strikes Again: No More Heroes」(トラヴィス・ストライクス・アゲイン:ノーモア ヒーローズ)を、PlayStation4およびSteam向けに発売すると発表した。
 「Travis Strikes Again: No More Heroes」は、独自の世界観と爽快なアクションで国内に加え特に海外で大きな人気を獲得した「ノーモア★ヒーローズ」シリーズの最新作という。今回、PlayStation4版とSteam版について、同社よりワールドワイドに向けて発売することが決定した。

★10:10  トヨタ紡織-SMBC日興が目標株価引き下げ 業績の雌伏期
 トヨタ紡織<3116>が6日ぶり反発。SMBC日興証券では、業績の雌伏期と判断。投資評価「2(中立)」を継続、目標株価は1900円→1600円と引き下げた。
 今20.3期の業績予想を修正。売上高を若干上方修正した一方、営業利益以下の利益水準は下方修正。営業利益は前回の610億円から540億円(前期比-7.0%)に減額。トヨタ自動車(7203)の新車攻勢を受けた増収効果は前回予想を上回ると考えられる。しかし、TNGA適用車種の拡大に伴い、価格協力要請は一段と強まるほか、原料コスト増大、将来を見据えたR&Dコストや諸経費など内部コスト増加により、減益を強いられるとの見方を示した。

★10:12  ベクトル-3日ぶり反発 タクシー後部座席IoTサイネージの広告枠に新メニューを追加
 ベクトル<6058>が3日ぶり反発。同社は27日10時、タクシー車両における後部座席IoTサイネージサービス「THE TOKYO TAXI VISION GROWTH(グロース)」の2019年7-9月分広告枠について販売を開始すると発表した。
 今回の販売枠では新たなメニューを追加しており、商品認知から体験までを一気通貫で可能にする乗客向けサンプリングサービスや、放映課金式にて時間帯や曜日指定が可能となる。

★10:13  田谷-反発 閉店退去補てん金3900万円を特別利益に計上へ
 田谷<4679>が反発。同社は27日10時に、20.3期1Qにおいて賃貸借契約解約に伴う閉店退去補てん金として3900万円を特別利益として計上する見込みであると発表した。20.3期の業績予想については、他の要因も含め現在精査中であり、業績予想の修正が必要になった場合は、速やかに公表するとしている。

★10:13  東急不動産-SMBC日興が目標株価引き上げ 渋谷再開発による利益成長に期待
 東急不動産ホールディングス<3289>が3日ぶり反発。SMBC日興証券では、株主価値改善への姿勢と、渋谷再開発による利益成長に期待。投資評価「1(アウトパフォーム)」を継続、目標株価を790円→830円と引き上げた。
 来21.3期から、渋谷再開発など大型プロジェクトの収益が本格的かつ長期的に寄与するとみられ、大手デベロッパー内でも高位の利益成長(今後4年間の年率平均営業増益率7.1%)を予想。また、2018年10月に発表したPO(公募増資)による希薄化を早めに取り返すべく、EPSやROE目標を具体的に示すなど、株主価値向上に取り組み始めた点も評価できるとした。
小林

最終更新:5月27日(月)11時31分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

トレーダーズ・ウェブ

トレーダーズ・ウェブ

DZHフィナンシャルリサーチ

人気の「レーティング情報」など豊富な銘柄情報を毎日配信。会員向け推奨銘柄の結果も公開中!

只今トレーダーズ・ウェブでは、特設ページで株式アナリストによる「信用取引3つのアイデア」の対談を掲載しています。 信用取引は「怖い」、「危ない」とイメージを抱いている投資家の方必見です。

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスの特集

ヘッドライン