ここから本文です

前場コメント No.14 ディスコ、SOMPO、三菱製紙、グローバルワン、楽天など

5月27日(月)11時31分配信 トレーダーズ・ウェブ

現在値
三菱紙 552 -4
楽天 1,282 -11
ディスコ 15,910 -150
SOMPO 4,135 -11
R-グロバル 133,600 +700
★9:58  ディスコ-三菱UFJMSが目標株価引き下げ 導体市況の底入れ待ち
 ディスコ<6146>が小安い。三菱UFJモルガン・スタンレー証券では、導体市況の底入れ待ちとコメント。投資判断「Neutral」を継続、目標株価は20000円→16000円と引き下げた。
 昨年来続く需要の鈍化傾向や米中貿易摩擦の激化による短期的な需要の減退などを考慮し、業績予想を下方修正。四半期単位では年内は減収傾向が続き、2020年1~3月から増収に転じると予想。エクイティストーリーを「半導体市況の底入れ待ち」に変更するが、レーティング「Neutral」は継続するとした。

★9:58  SOMPO-3日続伸 ITシステム発注書類の作成支援開始へ 日経報道
 SOMPOホールディングス<8630>が3日続伸。27日付けの日本経済新聞朝刊は、同社傘下のSOMPOリスクマネジメント(東京・新宿)が、月内に小売りや飲食の中堅・中小事業者を対象にIT(情報技術)システムの発注書類の作成支援を始めると報じた。
 記事によれば、ネット通販サイトを改良したり、タッチパネルのメニューを作ったりする際の発注書作成に助言するという。IT関連のトラブル事例に詳しい専門家が、小売事業者などが抱えやすいトラブルを洗い出すとしている。

★10:02  三菱製紙-大幅続伸 プラスチックを代替する食品包装紙を9月から販売 日経報道
 三菱製紙<3864>が大幅続伸。同社がプラスチックを代替する食品包装紙を9月から、日本やアジアで販売すると、5月27日付け日本経済新聞・長官で伝えられた。
 熱で接着できる加工を紙自体に施したことで、プラスチックフィルムを使わずに袋状の食品包装を製造できる。生分解性を持つ紙素材のみを使用することで、廃棄時の環境負荷を軽減する。脱プラスチックへの関心の高まりを背景に、5年後に売上高20億円を目指すとされる。
 まず、ドイツのグループ会社で製造した食品包装紙「バリコート」を輸入し、食品メーカーなどの採用を目指すと報じられている。

★10:03  グローバルワン-三菱UFJMSが目標株価引き上げ TK南青山ビルの増賃効果が開始
 グローバル・ワン不動産投資法人<8958>が3日続伸。三菱UFJモルガン・スタンレー証券では、TK南青山ビルの増賃効果は20.9期より始まると想定。投資判断「Overweight」を継続、目標株価を14.00万円→15.80万円と引き上げた。
 引き続き堅調なオフィス賃貸市況の恩恵を受けるほか、NAVの観点からも割安な水準。テナント退去予定のTK南青山ビルは15%超の賃料増加を達成して稼働、賃収ともダウンタイムなしで後継テナントが決定。増賃効果は20.9期以降に発生の見込みであり、三菱UFJMS予想では1期あたり93円程度のDPS(1口当たり分配金)押し上げ効果を見込んでいるとした。TK南青山ビルの鑑定評価額は339億円から371億円に増加し、ポートフォリオ全体の含み益率は18.9期末14.8%から19.9期末18.7%へ成長(予想)。19.9期末の予想1口当たりNAVは13万6040円となり、5月23日終値ベースのP/NAV倍率は0.96倍と割安な水準であるとした。

★10:06  楽天-SMBC日興が目標株価引き上げ モバイル成否の判断は難しい
 楽天<4755>が続伸。SMBC日興証券では、モバイル成否の判断はローンチ後の会員数を見るまで難しいとし、投資評価「2(中立)」を継続した。目標株価は830円→1100円と引き上げた。
 年明け以降の株価展開はモバイル事業のニュースフローと3月頭のLyftのIPO申請により、投資事業の評価益期待がけん引してきたが、今19.12期1Q決算以降の株価展開はファンダメンタルズに回帰しつつあると言える。2QはLyftの株価低下による評価損、3Qはモバイルの販促開始(赤字拡大)および料金施策発表、4QはモバイルでのMNOサービス開始(償却本格化で赤字拡大)と業績鈍化は不可避。カタリストは4Qでのモバイルの加入者獲得数。加入者獲得が好調ならば、償却費増で業績がボトムとなる来20.12期を懸念することなく、中期的期待を織り込む展開になるとした。
小林

最終更新:5月27日(月)11時31分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

トレーダーズ・ウェブ

トレーダーズ・ウェブ

DZHフィナンシャルリサーチ

人気の「レーティング情報」など豊富な銘柄情報を毎日配信。会員向け推奨銘柄の結果も公開中!

只今トレーダーズ・ウェブでは、特設ページで株式アナリストによる「信用取引3つのアイデア」の対談を掲載しています。 信用取引は「怖い」、「危ない」とイメージを抱いている投資家の方必見です。

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスの特集

ヘッドライン