ここから本文です

前場コメント No.5 IHI、JCU、日本ビューホテル、テンポス、オンキヨーなど

5月27日(月)11時31分配信 トレーダーズ・ウェブ

現在値
テンポスH 2,150 -9
JCU 2,030 +2
日ビューホ 1,428 +4
オンキヨー 80 +3
IHI 2,465 +37
★9:04  三菱自動車-TIWが「2」へ引き下げ 20.3期は販売台数増も市況変動など響く
 三菱自動車<7211>がもみ合い。投資情報会社のTIWでは、今20.3期は減益が計画され、販売台数増も市況変動などが響くと想定。投資評価を「2+(Outperform)」→「2(Neutral)」と引き下げた。
 会社では今20.3期に、前19.3期比で19.5%の営業減益を計画。アセアンや日本を中心に販売を伸ばし、グローバル販売台数は同5%増を想定。台数増効果やコスト低減を見込むが、為替や原材料価格の変動による減益影響、成長費用増が上回る。純利益は前19.3期の税効果影響分のはく落から、大幅減益を予想するとした。

★9:04  IHI-5日続伸 自主的に停止していた瑞穂工場の稼働再開 日経報道
 IHI<7013>が5日続伸。25日付の日本経済新聞朝刊で、IHIが航空エンジン整備の検査不正問題で自主的に停止していた瑞穂工場(東京都瑞穂町)の稼働を3カ月ぶりに再開したと報じられた。
 記事によれば、国土交通省が工場に出向いて再検査し、再発防止に向けた体制が整ったと判断した。問題の長期化により、民間航空会社の運航などに混乱が生じる事態は避けられた格好としている。

★9:05  JCU-TIWが「2」へ引き下げ 下期まで薬品事業の回復は厳しい
 JCU<4975>が小安い。投資情報会社のTIWでは、下期まで薬品事業の回復は厳しいとみて、投資評価を「2+(Outperform)」→「2(Neutral)」と引き下げた。
 今上期は数字が上がる状況にない中、米中貿易戦争などインパクトのあるリスクだけはあるとコメント。下期から期待される5G関連の売り上げが会社側の計画を大きく上回る期待もし難い。しかし、2019年の端末生産が本格化されれば、業績回復は期待可能。そのため、株価が大きく調整するならば、投資チャンスとみているとした。

★9:05  日本ビューホテル-続伸 通期営業利益を上方修正 増収と販管費の低減が寄与
 日本ビューホテル<6097>が続伸。同社は24日、19.4期通期の営業利益予想を従来の6.0億円から7.5億円(前の期比21.6%増)に引き上げると発表した。
 旗艦ホテルである浅草ビューホテルを中心に客室売上やレストランなどが好調だったほか、販管費の低減に努めたことで売上、利益ともに従来予想を上回る見込み。

★9:05  テンポス-反発 子会社「あさくま」がジャスダック新規上場を承認
 テンポスホールディングス<2751>が反発。同社は5月24日大引け後に、連結子会社である、あさくま(愛知県日進市)が東京証券取引所より、JASDAQスタンダード市場への新規上場を承認されたと発表した。上場予定日は6月27日。テンポスの持ち株比率は57.35%。

★9:06  オンキヨー-大幅安 前期は営業赤字10.5億円で着地 今期は営業黒字転換見込む
 オンキヨー<6628>が大幅安。同社は24日に、20.3期通期の連結営業損益予想を5.0億円の黒字(前期は10.5億円の赤字)と発表した。
 デジタルライフ事業については、好調なワイヤレスヘッドホン・イヤホンや聴こえサポート商品の拡充を図り、ゲーミングをはじめとする新規分野へのビジネスを展開する。OEM事業については、インド合弁会社の生産体制の整備による操業度ロスの解消、およびインドビジネスにおける新規受注の進行により、生産規模の向上と売り上げ規模の拡大を見込むとしている。
 併せて発表した、19.3期通期の連結営業損益は10.5億円の赤字(前の期は10.2億円の赤字)だった。AV事業が、国内市場の縮小や欧州子会社における倉庫移管やAqipa社への事業譲渡時の出荷体制整備の遅れに伴う販売の機会損失などで売上高が減少したことにより、減益となった。また、OEM事業の赤字が拡大したことも響いた。
 なお、同社は5月21日付でホームAV事業の譲渡契約を締結。それに伴い、20.3期中に同社子会社の異動を含む大きな事業構造の変化が生じ、19.3期決算短信に係る記載内容ならびに業績予想数値の精査・確定作業に時間を要した。そのため、決算発表が決算期末後50日を超えることとなった。
小林

最終更新:5月27日(月)11時31分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

トレーダーズ・ウェブ

トレーダーズ・ウェブ

DZHフィナンシャルリサーチ

人気の「レーティング情報」など豊富な銘柄情報を毎日配信。会員向け推奨銘柄の結果も公開中!

只今トレーダーズ・ウェブでは、特設ページで株式アナリストによる「信用取引3つのアイデア」の対談を掲載しています。 信用取引は「怖い」、「危ない」とイメージを抱いている投資家の方必見です。

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン