ここから本文です

<米国株情報>米ユナイテッド航空、「737MAX」使用停止を8月初めまで延長

5月27日(月)10時22分配信 モーニングスター

現在値
野村 NASDAQ-100ETF 8,430 +120
野村 NYダウ30種ETF 28,710 +250
P500米株 3,420 +25
P500 ETF 31,500 +150
SAM NYダウETF 25,570 -10
 米航空大手ユナイテッド・コンチネンタル・ホールディングス<UAL>傘下のユナイテッド航空は24日、18年10月と今年3月のわずか半年の間に2度の墜落事故が発生した米航空・宇宙大手ボーイング<BA>の「737MAX」の使用停止期間を7月初めから8月初めまでさらに1カ月延長したことを明らかにした。米経済専門テレビ局フォックス・ビジネス(電子版)が伝えた。

 理由は明らかにしていないが、ボーイングによる飛行制御システムに関連したソフトウエアの修正作業に時間がかかっていることが大きいとみられる。延長に伴う運航停止の便数は、6月と7月がそれぞれ1120便と1290便で、合計で2410便となる。

 ユナイテッド航空以外では、米同業大手アメリカン航空が8月19日まで、テキサス州ダラスに本社を置く米格安航空大手サウスウエスト航空<LUV>が8月5日までを使用停止期間としており、いずれも8月までの使用停止で足並みをそろえた格好だ。

 なお、ユナイテッド空港は14機、アメリカン航空は24機、サウスウエスト航空は34機の「737MAX」を保有している。

<関連銘柄>
 NASD投信 <1545> 、NYダウ投信 <1546> 、上場米国 <1547> 、
 SPD500 <1557> 、NYダウ <1679> 、NYダウブル <2040> 、
 NYダウベア <2041>

提供:モーニングスター社

最終更新:5月27日(月)10時22分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスの特集

ヘッドライン