ここから本文です

<米国株情報>米スプリント急伸、米司法省反トラスト局長が合併に向けた協議継続中と報道

5月27日(月)10時21分配信 モーニングスター

現在値
野村 NASDAQ-100ETF 8,280 +70
野村 NYダウ30種ETF 28,270 +230
P500米株 3,395 +20
P500 ETF 31,450 +200
SAM NYダウETF 25,290 ---
 ソフトバンクグループ <9984> で米携帯電話サービス4位のスプリント<S>と独通信大手ドイツ・テレコム傘下で米3位のTモバイルUS<TMUS>の合併計画について、米司法省の独禁法当局の責任者であるマカン・デラヒム反トラスト局長が両社との協議を継続しているもようだ。米経済専門チャンネルCNBC(電子版)が23日、関係者の話として伝えた。

 これを受けて、スプリントの株価は23日、4.20%高の6.95ドル。翌24日も3.02%高の7.16ドルとなり、続伸した。

 両社の合併承認を巡っては米連邦通信委員会(FCC)と司法省が賛否を保留しているが、FCCのアジット・パイ委員長が合併に賛成の意向を示す一方で、司法省は難色を示している。関係者によると、反トラスト局の事務レベルでは両社合併を阻止する方向に傾いているものの、デラヒム局長は合併を認める方向で計画の見直し(譲歩案)について協議を継続しているとしている。

<関連銘柄>
 NASD投信 <1545> 、NYダウ投信 <1546> 、上場米国 <1547> 、
 SPD500 <1557> 、NYダウ <1679> 、NYダウブル <2040> 、
 NYダウベア <2041>

提供:モーニングスター社

最終更新:5月27日(月)10時21分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスの特集

ヘッドライン