ここから本文です

米国株式市場:3連休を控え買い戻す動き、NYダウ・ナスダック3日ぶり反発

5月27日(月)7時46分配信 モーニングスター

 前週末24日の米国株式は、3日ぶりに反発した。NYダウが前日比95.22ドル高2万5585.69ドル、ナスダック総合指数が同8.725ポイント高の7637.009ポイントで取引を終了。出来高概算はニューヨーク市場が6億3971万株、ナスダック市場が16億5014万株だった。

 直近の2日間で、NYダウは390ドル近い下げを演じていたことや、27日がメモリアル・デーの祝日で3連休となることもあり、買い戻す動きが先行した。23日に急落したNY原油先物WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)価格が、反発したことも支えとなったようだ。NYダウ採用銘柄では、ボーイングやダウ(旧ダウ・デュポン)、JPモルガンなどが値上がり率の上位に入っている。

 シカゴ日経平均先物の円建て清算値は、24日の大阪取引所終値比25円高の2万1125円だった。

提供:モーニングスター社

最終更新:5月27日(月)7時46分

モーニングスター

 

話題の投信ブログ(外部サイト)

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン