ここから本文です

イトーヨーギョーが急騰、需要道路を対象に電柱撤去制度の新設報道、電線地中化関連に物色の矛先

5月27日(月)10時41分配信 モーニングスター

現在値
日ヒュム 726 ---
イトヨギョ 737 +2
ベルテクス 1,499 +15
虹技 1,242 -2
 イトーヨーギョー <5287> など、電線地中化に関連した銘柄に物色の矛先が向っている。27日付の日本経済新聞は、国土交通省が、災害時の物資輸送に需要な道路を対象に電柱を撤去させる新たな制度を設けると報じ、刺激材料となった。

 同紙によると、国交省は重要な道路区間を指定し電柱を撤去させる。10年間の猶予期間終了後には、道路の利用許可を更新しないという。開始時期や細部を関係機関と協議し、早期の実現を目指すという。関連銘柄として、イトーヨーギョーが前日比100円ストップ高の752円カイ気配となっているほか、ゼニス羽田を傘下に持つベルテクス <5290> が同87円高の1280円、日ヒューム <5262> が同12円高の728円、虹技 <5603> が同30円高の1267円を付けている。

提供:モーニングスター社

最終更新:5月27日(月)10時41分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスの特集

ヘッドライン