ここから本文です

ドイツ銀の株主総会、首脳陣への怒り噴出-会長早期退任求める声も

5月24日(金)15時26分配信 Bloomberg

Christian Sewing, left, and Paul Achleitner at the bank's AGM in Frankfurt on May 23. Photographer: Alex Kraus/Bloomberg
拡大写真
Christian Sewing, left, and Paul Achleitner at the bank's AGM in Frankfurt on May 23. Photographer: Alex Kraus/Bloomberg
(ブルームバーグ): ドイツ銀行の首脳陣らは23日にフランクフルトで開いた年次株主総会で、株主の怒りの激しさをひしひしと感じた。緊迫した総会で投資家は首脳陣への支持を差し控え、会長に早期退任を求める株主も複数いた。
パウル・アハライトナー監査役会会長(62)は株主からの批判の矢面に立たされた。いらだつ投資家らは次々に発言し、同日に過去最安値を付けたドイツ銀の株価について不満を述べた。同会長への支持率は72%と、昨年の84%から低下。クリスティアン・ゼービング最高経営責任者(CEO)への支持はほぼ全会一致から75%に落ち込んだ。
フランクフルトで屈指の一流コンサートホールで行われた総会では、カタール王室やサーベラス・キャピタル・マネジメントなど大株主は鳴りを潜めた一方、発言する機会を得たのは一般の株主だった。 発言者の多くは、欧州の有力銀行の一角だったドイツ銀がフランス5位の銀行程度の時価総額に甘んじている現状に憤りと不信感を表明。株価がたばこ1箱の値段にも及ばないとの指摘もあった。
ドイツ銀の株主で、ドイツ銀の監査役会の行動に反対票を投じる方針だったデカ・インベストメントのポートフォリオマネジャー、アンドレアス・トーマエ氏は、「アハライトナー会長、当行のリストラは完了していない。収益性は過去7年間で複数回の経営陣の交代があったにもかかわらず、引き続き物足りない」と批判した。
比較的小口の投資家は不満の声を上げたが、大株主はひそかにアハライトナー会長後の体制を検討していた。事情に詳しい複数の関係者によると、大株主は2022年の会長任期切れの前に後継者を探す方法を議論している。元アリアンツ幹部だった同会長が12年に就任して以来、株価は75%程度下落している。
原題:Deutsche Bank Leaders Soak Up Investor Ire After Serial Missteps(抜粋)
(c)2019 Bloomberg L.P.
Steven Arons, Nicholas Comfort

最終更新:5月24日(金)15時26分

Bloomberg

 

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスの特集

ヘッドライン