ここから本文です

来週の為替相場見通し=米中の経済指標が焦点に

5月24日(金)17時56分配信 みんなの株式

(写真:みんなの株式)
拡大写真
(写真:みんなの株式)
 来週の外国為替市場のドル円相場は、米国や中国の景気動向に関心が集まるなか、依然上値の重い展開が予想される。予想レンジは1ドル=108円50~110円50銭。

 今週は米中貿易摩擦への警戒感が続くなか、ドルは週末24日に109円半ばまで下落した。来週の前半は、欧州議会選挙の結果や英国情勢などユーロ動向に関心が集まりそうだが、週後半に向けては米国や中国の経済指標が注目されそうだ。特に、28日の米1~3月国内総生産(GDP)改定値や31日の中国5月製造業PMIへの関心が高い。米GDPは速報値の前期比年率3.2%増が同3.1%増へ若干下振れするとの見通しが出ている。また、中国PMIは50を維持できるかが焦点だ。弱含みの経済指標が発表された場合、ドルは109円台の攻防となることも予想される。なお、週明け27日は米国がメモリアルデー、英国がバンクホリデーで休場となるため市場参加者は限られそうだ。


出所:minkabuPRESS

みんなの株式(minkabu PRESS)

最終更新:5月24日(金)17時56分

みんなの株式

 

情報提供元(外部サイト)

みんなの株式

みんなの株式

ミンカブ・ジ・インフォノイド

株式投資の総合サイト

「みんなの株式」はみんなが集まる、みんな
で作る金融投資情報サイト。目標株価や売買
予想などで、個人投資家の個別株投資を強力
にナビゲートします!

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン